第10回 「再生の研究」 牧 信安(大阪大学蛋白質研究所)

イモリを材料に再生の研究をしている研究者から、再生についての生物学的な基礎を学んだ。

2014-IMGP0293a.jpg

2014-IMGP0300a.jpg

2014-IMGP0303a.jpg

2014-IMGP0305a.jpg


投稿者: 秋山繁治 日時: 2014年8月26日 16:26|

« 2014年度授業「生命」 2学期の講師トップページ | アジア・サイエンスキャンプに生命科学コースの生徒が参加 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

このページの先頭へ