• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

清心女子高等学校で取り組んだ有尾類についての研究(SSH10年間の研究発表)

2018年12月30日

(以下は、有尾両生類関連の発表のみの紹介です。酵母や森林、植物の研究は含まれていません。)

2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius Dunni
2016年3月12日 日本動物学会第68回関東支部大会・高校生ベストポスター(最優秀)賞
「オオイタサンショウウオの飼育下の繁殖行動の観察」
2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Oral Presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders
2015年9月19日 日本動物学会第86回新潟大会高校生によるポスター発表・優秀賞
「イモリのクローン作成を目指して」
2014年11月27日 第37回日本分子生物学会年会高校生研究発表
「アカハライモリのクローン作成」
2014年11月15日 第23回高校生によるバイオ研究発表会バイオ甲子園2014本審査会・最優秀賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年11月9日 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会・優秀発表賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年9月21日 平成26年度日本水産学会秋季大会高校生ポスター発表・最優秀賞
「サンショウウオの飼育下の飼育方法の確立を目指して」
2014年9月13日 日本動物学会第85回 仙台大会高校生によるポスター発表・最優秀賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年5月10日 中四国地区生物系三学会合同大会(岡山大会)・動物分野優秀プレゼンテーション賞
「受精卵から飼育したオオイタサンショウウオで、室内での産卵行動の観察に成功」
2014年5月10日 中四国地区生物系三学会合同大会(岡山大会)・動物分野最優秀プレゼンテーション賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年3月15日 日本生態学会第61回全国大会(広島大学)ポスター発表・特別奨励賞
「実験室内で卵から育ててられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2013年12月7日 第11回高校生科学技術チャレンジjsec2013最終審査・インテル奨励賞
「アカハライモリのクローン作成」
2013年11月16日 第22回高校生によるバイオ研究発表会・バイオ甲子園・優秀賞
「サンショウウオの飼育下の繁殖方法の確立を目指して」
2013年11月10日 サイエンスアゴラ「児童生徒の先進科学研究発表会2013」(東京都立産業技術研究センター)・優秀賞
「アカハライモリのクローン作成」
2013年10月26日 集まれ理系女子第5回女子生徒による科学研究発表交流会
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2013年10月26日 集まれ理系女子第5回女子生徒による科学研究発表交流会
「アカハライモリのクローン作成」
2013年9月28日 日本動物学会第84回岡山大会高校生ポスター発表・奨励賞
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2013年9月8日 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会中高生ポスターセッション・優秀賞
「サンショウウオの飼育下の繁殖法の確立を目指して」
2013年5月11日 中四国地区生物系合同大会(徳島大会)高校生ポスター発表・動物分野優秀賞
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2013年5月11日 中四国地区生物系合同大会(徳島大会)高校生ポスター発表・動物分野優秀賞
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2012年12月15日 第10回高校生科学技術チャレンジjsec2012最終審査(日本科学未来館)・審査委員奨励賞
「オオイタサンショウウオの飼育下での繁殖方法の確立を目指して」
2012年11月11日 未来の科学者養成講座・次世代科学者養成プログラムの受講生研究発表会(東京都立産業技術研究センター)・優秀賞
「オオイタサンショウウオの飼育下での繁殖方法の確立を目指して」
2012年10月29日 集まれ理系女子第4回女子生徒による科学研究発表交流会
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年9月22日 第104回日本食品衛生学会中学生高校生理科研究発表会(就実大学)
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年9月15日 日本動物学会第83回大阪大会高校生ポスター発表(大阪大学)
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年9月15日 日本動物学会第83回大阪大会高校生ポスター発表(大阪大学)
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2012年8月22日 日本進化学会第14大会高校生ポスター発表「第7回みんなのジュニア進化学」(首都大学東京)
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年5月12日 生物系三学会中国四国地区島根大会(島根大学)・動物分野優秀賞
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年5月12日 生物系三学会中四国支部島根大会(島根大学)
「オオイタサンショウウオの実験室内での産卵行動」
2012年3月20日 日本生態学会第59回大会「みんなのジュニア生態学」・優良賞
「オオイタサンショウウオの実験室内での産卵行動」
2011年10月29日 集まれ理系女子第3回女子生徒による科学研究発表交流会
「オオイタサンショウウオ(卵から飼育個体)の実験室での産卵行動」
2011年8月2日 韓国スタディ・ツアー高校生ポスター発表(韓国・慶南科学高校)
「Behavior of red eared sliders living in semiurbanized paddy field areas」
2010年3月30日 日本薬学会第130年会・高校生による研究発表会(岡山大学)
「実験室内でのオオイタサンショウウオの繁殖方法の確立を目指して」
2009年10月31日 集まれ理系女子第1回女子生徒による科学研究発表交流会
「オオイタサンショウウオの幼生飼育において生存率に影響を与える要因を探る」
2009年9月19日 日本動物学会第80回静岡大会中学高校ポスター発表・優秀賞
「オオイタサンショウウオの幼生飼育において生存率に影響を与える要因を探る」
2009年5月16日 生物系三学会中四国支部高知大会高校生ポスター発表・優秀賞
「オオイタサンショウウオの幼生期の生存率に影響を与える原因は何か」
2008年8月7・8日 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(パシフィコ横浜)科学技術振興機構理事長賞
「サンショウウオの人工繁殖」
2008年6月17日 生物系三学会中四国支部大会(広島大学)ポスター発表
「オオイタサンショウウオの幼生の飼育について」
2007年9月26日 第59回日本生物工学会大会(広島大学)ポスター発表
「オオイタサンショウウオの人工繁殖と幼生の飼育」
2007年8月2,3日 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(パシフィコ横浜)
「小型サンショウウオの成長と繁殖に関する研究」

【2017年度以降の活躍】
img045s.jpg

img047s.jpg

  • 投稿者 akiyama : 09:18

最近の記事

清心女子高等学校で取り組んだ有尾類についての研究(SSH10年間の研究発表)
(以下は、有尾両生類関連の発表のみの紹介です。酵母や森林、植物の研究は含まれていません。) 2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius …続きを見る
新書『なぜ男女別学は子どもをのばすのか』
新書『なぜ男女別学は子どもをのばすのか』の「別学で成果を上げる女子への理科教育」として清心女子高等学校が紹介されていました。 今年度の清心女子高等学校の科学研究分野での主な成果は、 2018年5月13日~18日に米国ペシシルベニア州ピッチバーグで開催された世界大会Intel ISEF 2018で、グランドアワード(微生物学部門4等)を受賞。 2018年7月30日~8月1日に慶應義塾大学メタボローム…続きを見る
「いじめ」はやめられないのか。
『人は「いじめ」をやめられない』(中野信子・小学館新書)より抜粋。  人間社会において、どんな集団においても、排除行動や制裁行動がなくならないのは、そこに何かしらの必要性や快感があるから、ということです。  本気でいじめを防止しようと考えるのであれば、「いじめが止まないのは、いじめが『やめられないほど楽しい』ものだからなのではないか」という、考えたくもないような可能性を、あえて吟味してみる必要が…続きを見る
no image
今回の医学部の入試が問題になるずいぶん前に、京都大学で女子の受験者を配慮した入試が行われていたようです。以下は、森嶋通夫・著『智にはたらけば角が立つ』(朝日新聞社・1999)p94-p96からの抜粋です。  新制の入学試験には私は関係なかった。その代わり、合否決定の会議には出席した。合否の決定は通常、次のようにして機械的に決定されるのだが、その時は横槍が入った。  通常の手続きとはこうである。まず…続きを見る
no image
2018年8月13日から24日の日程で、UTHM(マレーシア・ツンフセインオン大学)のINTERNATIONAL SUMMER SCHOOL PROGRAMMEにノートルダム清心学園清心女子高等学校の生徒を引率して参加している。 マレーシアでの環境学習の実施は、文科省SSH事業に採択された2006年度からで13年目になる。最初は、ボルネオ島のサバ州で地元のサバ大学の協力で出発したが、現在はジョホー…続きを見る

このページの先頭へ