• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

成果及び活動 教育助成及び教育賞

2010年5月21日

教育賞

平成28年(2016)9月10日 岡山県私学協会 平成28年度私学振興大会
岡山県私学協会功労者表彰(秋山繁治)

平成28年(2016)2月21日 岡山地域「持続可能な開発のための教育」推進委員会・岡山ESDプロジェクト「ESDの10年」
貢献賞(生物部)

平成27年(2015)10月27日 第64回読売教育賞
理科教育優秀賞(秋山繁治)

平成27年(2015)8月4日 第5回高校生バイオサミットin鶴岡
優秀研究指導者賞(秋山繁治)

平成26(2014)年度・平成基礎科学財団・第11回小柴昌俊科学教育賞奨励賞
研究主題「女子生徒の理系進学の基盤を作る生命科学コースの開発」(代表・秋山繁治)

平成20(2008)年度・岡山市ESD・環境活動発表交流会特別賞
「女性の視点で命"を大切に楽しみな科学の未来賞」(生物部顧問・秋山繁治)

平成19(2007)年度・財団法人福武教育文化振興財団・谷口澄夫教育奨励賞
教育業績「生物学の研究成果及び文部科学省スーパーサイエンスハイスクール指定の功績」(秋山繁治)

平成9(1997)年度・岡山県教育弘済会・野崎(教育長)教育賞
教育業績「環境教育と性教育の実践」(秋山繁治)

教育研究助成

平成28(2016)年度・財団法人福武教育文化振興財団その他助成
研究テーマ「高校生と離島の中学生との交流によって深める地球環境学習(2)」(秋山繁治)

平成27(2015)年度・国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)
テーマ:日本とマレーシアで考える、地球温暖化防止における森林の役割

平成27(2015)年度・公益財団法人武田科学振興財団「高等学校理科教育振興奨励」
申請課題「森林のCO2吸収量の推定を通して地球環境を学ぶ森林実習」(秋山繁治)

平成27(2015)年度・財団法人福武教育文化振興財団その他助成
研究テーマ「高校生と離島の中学生との交流によって深める地球環境学習」(秋山繁治)

平成23(2011)年度・文部科学省スーパーサイエンスハイスクール再指定(5年間)
研究課題「次代の科学技術を担う女性研究者としての基盤育成をめざした教育モデルの構築と成果普及・地域連携の強化による、科学技術分野における男女共同参画の推進」(SSH主任・秋山繁治)

平成18(2006)年度・文部科学省スーパーサイエンスハイスクール指定(5年間)
研究課題「生命科学コースの導入から出発する女性の科学技術分野での活躍を支援できる教育モデルの構築」(SSH主任・秋山繁治)

平成18(2006)年度・財団法人福武教育振興財団研究助成
研究主題「オオイタサンショウウオの教材化について(その2)」(秋山繁治)

平成17(2005)年度・財団法人福武教育振興財団研究助成
研究主題「オオイタサンショウウオの教材化について」(秋山繁治)

平成15(2003)年度・岡山県清流を守る若者の集い事業補助金(生物部)

平成15(2003)年度・財団法人福武教育振興財団研究助成
研究主題「マイクロチップを使ったアカハライモリの生態の研究(その2)」(秋山繁治)

平成14(2002)年度・岡山県清流を守る若者の集い事業補助金(生物部)

平成14(2002)年度・財団法人福武教育振興財団研究助成
研究主題「マイクロチップを使ったアカハライモリの生態の研究」(秋山繁治)

平成11(1999)年度・岡山県清流を守る若者の集い事業補助金(生物部)

平成8(1996)年度・山陽放送学術財団教育助成
研究課題「アカハライモリの教材化について」(秋山繁治)

平成5(1992)年度・財団法人福武教育振興財団研究助成
研究題目「カスミサンショウウオの教材化」(秋山繁治)

科学研究費補助金

平成25(2013)年度・日本学術振興会科学研究費補助金(奨励研究)
研究課題「オオイタサンショウウオの飼育下の繁殖方法の研究」(秋山繁治)

平成24(2012)年度・日本学術振興会科学研究費補助金(奨励研究)
研究課題「シリケンイモリの生殖についての研究」(秋山繁治)

平成21(2009)年度・日本学術振興会科学研究費補助金(奨励研究)
研究課題「オオイタサンショウウオの人工受精について」(秋山繁治)

平成18年(2006)年度・日本学術振興会科学研究費補助金(奨励研究)
研究課題「オオイタサンショウウオの教材化について」(秋山繁治)

平成13(2001)年度・日本学術振興会研究費補助金(奨励研究B)
研究課題「アカハライモリの生態についての研究」(秋山繁治)

平成8(1996)年度・文部省科学研究費補助金(奨励研究B)
研究課題「有尾類の教材化」(秋山繁治)

  • 投稿者 admin : 09:32

最近の記事

雑誌『生物の科学 遺伝』で森林実習を紹介
2017年11月1日発行の『生物の科学 遺伝』のpp576~586に「森林の二酸化炭素吸収量の推定-自然を体感できる森林調査の実践」というタイトルで、SSH事業で2006年から2015年まで実施してきた森林実習の内容及び成果を報告させていただきました。 …続きを見る
ミイは12年半 生きました。
ミイは昨年4月くらいから異変がありましたが、対症療法だけで、何が原因かわからず、かかりつけの獣医から紹介された獣医の検査で、鼻腔内腫瘍と一年後判明しました。 その段階で、鼻の内部の骨も侵蝕された状態で、余命1ヶ月といわれましたが、体重の増減や食欲不振などを乗り越えて、2017年10月22日午前10時に、妻と娘に看取られて亡くなりました。 娘が中学校2年生、息子が高校2年生の時に、野良猫として出会…続きを見る

座間味島で森林実習

2017年10月 5日

座間味島で森林実習
座間味島で森林実習をしました。亜熱帯多雨林の森で樹高、胸高直径、樹齢(年輪数)を調査しました。 …続きを見る
no image
日野原重明。1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。1941年から聖路加国際病院に勤務。専門は内科学で、「成人病」と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」と呼ぶことを提唱してきた。旧厚生省は1996年に予防につなげる意味づけで「生活習慣病」と改称した。 「生涯現役」として著作や講演など幅広く活動していた。7月18日午前6時33分、呼吸不全で105歳で逝去された。…続きを見る
no image
『人生論ノート』(三木清・著)  絶えず他の人を相手に意識している偽善者が阿諛的(あゆてき)でないことは稀である。偽善が他の人を破滅させるのは、偽善そのものによってよりも、そのうちに含まれる阿諛によってである。偽善者とそうでない者との区別は、阿諛的であるかどうかにあるということができるであろう。ひとに阿(おもね)ることは間違ったことを言うよりも遥かに悪い。後者は他人を腐敗させはしないが、前者は他人…続きを見る
権力を有する地位にある者に最も必要な徳とは?
『人生論ノート』(三木清・著)より抜粋 絶えず他の人を相手に意識している偽善者が阿訣的(あゆてき)でないことは稀である。偽善が他の人を破滅させるのは、偽善そのものによってよりも、そのうちに含まれる阿訣によってである。偽善者とそうでない者との区別は、阿訣的であるかどうかにあるということができるであろう。ひとに阿(おもね)ることは間違ったことを言うよりも遥かに悪い。後者は他人を腐敗させはしないが、前…続きを見る

このページの先頭へ