• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

論文資料ダウンロード

1996年5月 9日

清心中学校・清心女子高等学校「紀要」PDF

発行年 No ページ数 タイトル
1996 12 p1-31 性教育の日常的な実践と今後の課題[PDF:3,789KB]
1999 13 p34-61 清心中学校・清心女子高等学校の展望
アンケート「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」から将来を考える(1)[PDF:4,120KB]
p62-87 清心中学校・清心女子高等学校の展望
アンケート「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」から将来を考える(2)[PDF:3,599KB]
p88-117 清心中学校・清心女子高等学校の展望
アンケート「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」から将来を考える(3)[PDF:4,900KB]
p286-300 授業「国際情報」と本校の情報教育[PDF:2,017KB]
2005 14 p69-79 アカハライモリの教材化について(「胚の発生」を扱った授業展開例)[PDF:1,073KB]
p89-96 「生命」をテーマにして高等学校の総合学習でどのような取り組みができるか[PDF:827KB]

教育資料PDF

発行年 タイトル
1992 両生爬虫類研究会誌No.41(p1-p5)[PDF:692KB]
1994 岡山県倉敷市の水路にボタンウキクサの群生を確認[PDF:678KB]
1994 月刊高校生 SAFER_SEXの翻訳によるエイズ学習[PDF:2,795KB]
1995 ボタンウキクサの旺盛な株分かれと花について[PDF:1,689KB]
1995 牛窓町長浜と岡山市中川町にスクミリンゴガイを確認[PDF:596KB]
1995 月刊高校生 エイズを学ぶ海外研修旅行[PDF:1,628KB]
1995 岡山県にすむ有尾類-幼生を中心に-[PDF:688KB]
2002 岡山県に生息する有尾類の仲間 その1 アカハライモリ[PDF:1,861KB]
2004 岡山県に生息する有尾類の仲間 その2 カスミサンショウウオ[PDF:1,893KB]
2005 有尾類の保護を考える[PDF:2,327KB]
2006 座談会「女性理系はなぜ少ないか」(大学時報 No.310.p14-p25.)[PDF:1,310KB]
2008 清心女子高等学校 生物部の歩み[PDF:955KB]
2009 [資質・能力を育てる科学的な体験・自然体験-高等学校-]
実際に「触れること」が科学的思考を育てる[PDF:973KB]
2009 女子校で有尾類と付き合って20年[PDF:1,087KB]
2013 SSH指定から7年、その成果と課題(大学時報 No.352.p44-p51.)[PDF:1,832KB]
ため池と水田の生き物図鑑-動物編- 正誤表[PDF:218KB]
2015 平成基礎科学財団・第11回小柴昌俊科学教育賞・発表レジメ[PDF:4,188KB]
SSH事業で展開しているESDの教育実践の紹介[PDF:467KB]
月刊高校生の出版元である高校出版は倒産しており、現在この本は入手できません。

AdobeAcrobatReaderダウンロードページへPDFファイルをご覧いただくためにはAdobeAcrobatReaderが必要です。 お持ちでない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

  • 投稿者 admin : 19:32

最近の記事

論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(15)科学教育への思い
科学教育への思い  私自身は、大学卒業時に研究を志すものの、経済的な理由で大学院進学をあきらめ、高等学校の教員として就職した。40歳過ぎた頃休職して修士課程は修了したものの学位の取得は断念していた。そんな時、大学の先生から「研究できる環境がないなら、高校に研究できる環境をつくればいい」と紹介されたのがSSHだった。 SSHは、生徒の科学研究だけでなく、教師である私にも科学研究の機会を与えてくれた…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(14)グローバルな視点で理科教育を考える。
グローバルな視点で理科教育を考える  「なぜ銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。」 2014年、17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイさんの言葉である。彼女は"女性が教育を受ける権利"を訴え続けてきた。今も、女子だからという理由で学校教育を受けられない国…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(13)「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画
「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画  「女子生徒の理系進学支援」の一環として、"科学研究"の成果を研究の途中段階でも気軽に発表できる場として、"発表者が女子だけ"の「集まれ!理系女子・女子生徒による科学研究発表交流会」を2009年から開催している。最初は、近隣の福山大(広島県福山市)を会場にしていたが、年々参加者が増え、2014年度から全国から参加者が集まりやすい場所で開催するようになっ…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(12)教育プログラムの効果
教育プログラムの効果  2015年度のデータ(次の図)で、本研究の対象としている生命科学コースの方が、文理コースより教育活動を非常に高い割合で肯定的に受け入れており、学習に前向きに取り組んでいる姿勢がうかがえることがわかる。また、卒業後10年が経過しても、現在の生活に生命科学コースの教育が影響していると8割以上が答え、好奇心・理論へ興味などが向上したと8割が判断していることがわかった。保護者・教…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(11)「自然探究Ⅰ」からの課題研究
「自然探究Ⅰ」からの課題研究  入学して間もない高校1年生の森林実習は、自然体験が非常に少ない女子生徒に「山に入るとは山道をハイキングすることではなく、山道の雑草をかき分けて林床に入るような体験をさせたい」という方向で企画したプログラムである。当初は「樹木の種類を区別できるようになること」と「森林調査を"体験"すること」を目的にして出発した。4泊5日の森林調査での共同作業、そして共同生活が生徒に…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(10)テーマはどのように設定したのか。
テーマはどのように設定したのか。   「生命科学課題研究」で、生命科学コースの4つのグループが取り組んでいるテーマは図のとおりである。これらは大学の研究室のイメージで研究テーマを設定している。  「生命科学課題研究」以外の「自然探究Ⅰ」の実習や「生命」のアンケート調査などから派生したテーマも生徒が希望すれば取り組ませている。  「自然探究Ⅰ」の森林調査から、「遷移段階の異なる森林の二酸化炭素吸収…続きを見る

このページの先頭へ