• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

成果及び活動 論文発表

2010年5月21日

2015年11月1日「サイエンスネット」54号.(数研出版)p14-15
「授業における有尾類の活用について」(秋山繁治)
2013年9月20日「大学時報」No.352(日本私立大学連盟).p44-51.
「SSH指定から七年、その成果と課題」(秋山繁治)
2011年10月1日Zoological Science 28:758-763
Akiyama.S, Iwao.Y., Miura.I : Evidence for True Fall-mating in Japanese Newts Cynops Pyrrhogaster
2011年9月1日「化学と生物」第49巻第9号・574号(日本農芸化学会).p650-651
「市街化が進んでいる水田地域でアカミミガメはどのように過ごしているか」(原悠歌・井上智香子・秋山繁治)
2011年7月1日「化学と生物」第49巻第7号・572号(日本農芸化学会).p509-512
「花酵母の採取・分離と花の種類の関係」(竹居セラ、秋山繁治)
2011年3月31日岡山県自然保護センター研究報告第18号(岡山県自然保護センター).p37-45
「森林の多様性と二酸化炭素吸収量」(鈴木美有紀、竹居セラ、秋山繁治、佐野淳之)
2010年3月31日動物飼育と教育第12号(全国学校飼育動物研究会)vol.12.p3-10.
「岡山県下の小学校での学校飼育動物の現状」(鈴木美有紀・秋山繁治)
2010年1月22日季刊セクシュアリティ1月号(エイデル研究所).No.44.p60-65.
「生き物の観察から生命現象に感動する心を呼びもどす・アカハライモリを使った発生の観察」(秋山繁治)
2009年12月15日理科の教育(日本理科教育学会)平成21年12月号通巻689号2009/Vol.58.p22-25.
「実際に『触れること」が科学的思考を育てる」(秋山繁治)
2009年2月25日 生物工学 会誌第87巻第2号(生物工学会).p110
「女子校で有尾類と付き合って20年」(秋山繁治)
2008年8月25日 生物工学会誌 第86巻第8号(生物工学会).p415-416
「清心女子高等学校 生物部の歩み」 (秋山繁治・田中福人)
2007年11月10日教育研究叢書第20集(財団法人福武教育文化振興財団).p17-18.
「オオイタサンショウウオの教材化について(その2)」 (秋山繁治)
2007年3月31日会誌(岡山県高等学校教育研究会理科部会).57号.p16-19.
「有尾類の教材化について(2)『胚の発生』の授業展開」 (秋山繁治)
2007年3月31日爬虫両棲類学会報(日本爬虫両棲類学会).2007(1).P59-60
「飼育下におけるオオイタサンショウウオの繁殖」 (秋山繁治)
2007年3月1日自然保護(日本自然保護協会).No.496.p8-9. 「専門家の魅力を生かして参加者の興味を引き出す」(秋山繁治)
2006年11月4日教育研究叢書第19集(財団法人福武教育振興財団).p89-90.
「オオイタサンショウウオの教材化について」 (秋山繁治)
2005年8月15日現代性教育研究月報(日本性教育協会).Vol.23.No.8.p1-5.
「総合的な学習の授業「生命」で生き方教育・「大切なもの」をどのように伝えるか」 (秋山繁治)
2005年5月31日紀要(清心中学校清心女子高等学校).No.14.p89-96.
「『生命』をテーマにして高等学校の総合学習でどのような取り組みができるか」 (秋山繁治)
2005年5月31日紀要(清心中学校・清心女子高等学校).第14号.p69-79.
「アカハライモリの教材化について」(秋山繁治)
2005年4月1日岡山県自然保護センターだより(岡山県自然保護センター).Vol.14(3).p1-6.
「有尾類の保護を考える」(秋山繁治)
2005年3月31日会誌(岡山県高等学校教育研究会理科部会).55号.p26-33.
「有尾類の教材化について(2)『胚の発生』の授業展開」 (秋山繁治)
2004年11月27日教育研究叢書第17集(財団法人福武教育振興財団).p136-138.
「マイクロチップを使ったアカハライモリの生態の研究(その2)」 (秋山繁治)
2004年1月1日岡山県自然保護センターだより(岡山県自然保護センター).Vol.13(1).p3-6.
「岡山県に生息する有尾類の仲間その2カスミサンショウウオ」 (秋山繁治)
2003年11月29日教育研究叢書第16集(財団法人福武教育振興財団).p91-93.
「マイクロチップを使ったアカハライモリの生態の研究」 (秋山繁治)
2003年5月10日 水環境学会誌(日本水環境学会).Vol.26 No.5.p18-21.
「ため池の脊椎動物(魚と両生類)」 (梅村じゅん二)
2002年3月31日爬虫両棲類学会報(日本爬虫両棲類学会).2002(1).P37-38
「アカハライモリの貯精嚢中精子の季節変動」 (秋山繁治)
2002年7月1日岡山県自然保護センターだより(岡山県自然保護センター).Vol.11(5).p2-6.
「岡山県に生息する有尾類の仲間その1アカハライモリ」 (秋山繁治)
2002年3月31日会誌(岡山県高等学校教育研究会理科部会).52号.p20-23.
「マイクロチップを使ったアカハライモリの生態調査」 (秋山繁治)
2000年6月 比婆科学.194(比婆教育科学振興会)
「ヒバカリ,ブチサンショウウオの幼生を食す」(岡田純・秋山繁治)
1999年5月31日 紀要(清心中学校清心女子高等学校).No.13.p33-117.
「授業国際情報と本校の情報教育」(秋山繁治)
1999年5月31日紀要(清心中学校清心女子高等学校).No.13.p33-117.
「清心中学校・清心女子高等学校の展望」 (秋山繁治)
1998年10月1日山陽放送学術文化財団リポート第42号(山陽放送学術文化財団).p82-86.
「アカハライモリの教材化について」(秋山繁治)
1998年12月30日爬虫両棲類学雑誌(日本爬虫両棲類学会)第17巻.第4号.p188-189
「大分県野津町のオオイタサンショウウオの産卵調査」 (秋山繁治)
1997年9月3日会誌(岡山県高等学校教育研究会理科部会).第47号:p20-28.
「有尾類の教材化について・環境に目を向ける教材としての利用」 (秋山繁治)
1996年6月25日 紀要(清心中学校清心女子高等学校).No.12.p1-31
「性教育の日常的実践と今後の課題」(秋山繁治)
1995年 LETTER FROM NATURE(おかやまの自然を愛する会).Vol.1(2).p25.
「牛窓長浜と岡山市中川町にスタミリンゴガイを確認」 (秋山繁治)
1995年 LETER FROM NATURE(おかやまの自然を愛する会).Vol.1(2).p26-28.
「ボタウキクサの旺盛な株分かれと花について」 (秋山繁治)
1995年12月1日 岡山県自然保護センターだより.Vol.4(12).p2-3.
「岡山県にすむ有尾類・幼生を中心に」(秋山繁治)
1995年6月1日 月刊高校生6月号(高校出版).p62-69.
「エイズを学ぶ研修旅行」(秋山繁治)
1995年12月30日爬虫両棲類学雑誌(日本爬虫両棲類学会).第16巻.第2号.p62
「飼育下におけるカスミサンショウウオの産卵」 (秋山繁治)
1994年11月20日 LETTER FROM NATURE(おかやまの自然を愛する会).Vol.1(1).p7.
「岡山県倉敷市の水路にボタウキクサの群生を確認」 (秋山繁治)
1994年10月1日平成5年度年報(財団法人福武教育振興財団).p15-19.
「カスミサンショウウオの教材化」(秋山繁治)
1994年3月1日 月刊高校生3月号(高校出版).p38-45.
「SAFER SEXの翻訳によるエイズ学習」(秋山繁治)
1993年4月1日岡山県自然保護センターだより(岡山県自然保護センター).Vol.2(4).p4-5.
「早春に産卵する両生類の仲間カスミサンショウウオ」 (秋山繁治)
1992年12月1日両生爬虫類研究会誌(日本両生爬虫類研究会).No.41.Pp1-5.
「孵化後実験室内で飼育し産卵したカスミサンショウウオ」 (秋山繁治)

  • 投稿者 admin : 09:39

最近の記事

論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(15)科学教育への思い
科学教育への思い  私自身は、大学卒業時に研究を志すものの、経済的な理由で大学院進学をあきらめ、高等学校の教員として就職した。40歳過ぎた頃休職して修士課程は修了したものの学位の取得は断念していた。そんな時、大学の先生から「研究できる環境がないなら、高校に研究できる環境をつくればいい」と紹介されたのがSSHだった。 SSHは、生徒の科学研究だけでなく、教師である私にも科学研究の機会を与えてくれた…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(14)グローバルな視点で理科教育を考える。
グローバルな視点で理科教育を考える  「なぜ銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。」 2014年、17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイさんの言葉である。彼女は"女性が教育を受ける権利"を訴え続けてきた。今も、女子だからという理由で学校教育を受けられない国…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(13)「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画
「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画  「女子生徒の理系進学支援」の一環として、"科学研究"の成果を研究の途中段階でも気軽に発表できる場として、"発表者が女子だけ"の「集まれ!理系女子・女子生徒による科学研究発表交流会」を2009年から開催している。最初は、近隣の福山大(広島県福山市)を会場にしていたが、年々参加者が増え、2014年度から全国から参加者が集まりやすい場所で開催するようになっ…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(12)教育プログラムの効果
教育プログラムの効果  2015年度のデータ(次の図)で、本研究の対象としている生命科学コースの方が、文理コースより教育活動を非常に高い割合で肯定的に受け入れており、学習に前向きに取り組んでいる姿勢がうかがえることがわかる。また、卒業後10年が経過しても、現在の生活に生命科学コースの教育が影響していると8割以上が答え、好奇心・理論へ興味などが向上したと8割が判断していることがわかった。保護者・教…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(11)「自然探究Ⅰ」からの課題研究
「自然探究Ⅰ」からの課題研究  入学して間もない高校1年生の森林実習は、自然体験が非常に少ない女子生徒に「山に入るとは山道をハイキングすることではなく、山道の雑草をかき分けて林床に入るような体験をさせたい」という方向で企画したプログラムである。当初は「樹木の種類を区別できるようになること」と「森林調査を"体験"すること」を目的にして出発した。4泊5日の森林調査での共同作業、そして共同生活が生徒に…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(10)テーマはどのように設定したのか。
テーマはどのように設定したのか。   「生命科学課題研究」で、生命科学コースの4つのグループが取り組んでいるテーマは図のとおりである。これらは大学の研究室のイメージで研究テーマを設定している。  「生命科学課題研究」以外の「自然探究Ⅰ」の実習や「生命」のアンケート調査などから派生したテーマも生徒が希望すれば取り組ませている。  「自然探究Ⅰ」の森林調査から、「遷移段階の異なる森林の二酸化炭素吸収…続きを見る

このページの先頭へ