• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

成果及び活動 講演及び自然観察指導

2010年5月21日

2016年7月17日 東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導(秋山繁治)
2016年7月4日 平成28年度宮崎県高等学校文化連盟自然科学部門指導者講習会(秋山繁治)
2015年11月21日 日本生物教育会中国四国ブロックシンポジウム テーマ「これからの時代に求められる資質・能力の育成」~生物の授業を通して、身に付けさせたい力とは何か。また、その力を伸ばすには~のパネリストとして発表(秋山繁治)
2015年7月19日 東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導(秋山繁治)
2014年7月20日 東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導(秋山繁治)
2013年7月21日 東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導(秋山繁治)
2012年8月24日 岡山市男女共同参画センター「さんかく岡山」平成24年度「夏休みこどもわいわい塾」講演(秋山繁治)
2012年7月21日 東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2012年7月6日 スーパーサイエンスハイスクール中国地区担当者交流会(岡山)・SSH事業実施内容の報告(秋山繁治)
2012年7月4日 岡山県総合教育センター研修講座・平成24年度高等学校理科研修講座(生物)講演 (秋山繁治)
2012年5月30日 岡山県高等学校教育研究会理科部会生物分科会委員(研修企画委員会)の委嘱 (秋山繁治)
2011年8月23日~8月26日 平成23年度サイエンス・リーダーズ・キャンプ(甲南大学フロンティアサイエンス学部運営・JST主催)『中・高・大・産接続教育を通じた次世代の医療・健康産業を担う人材育成』講師(秋山繁治)
2011年7月24日 東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2011年7月15日 スーパーサイエンスハイスクール中国地区担当者交流会(広島)・SSH事業実施内容の報告(秋山繁治)
2010年11月20日 平成22年度SSH交流会支援教員研修会「科学英語」実践報告会ならびに研究協議会(東海大学高輪台高等学校)「SSH科学英語への取り組みと清心の英語プログラム」(秋山繁治、森雅子)
2010年7月18日 東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2010年7月9日 スーパーサイエンスハイスクール中国地区担当者交流会(島根)・SSH事業実施内容の報告(秋山繁治)
2010年3月5日 岡山大学ダイバシティ推進本部男女共同参画室・学都岡大発女性科学者が育つ進化プラン第3回交流サロン「理系女性はなぜ少ないか」講演 (秋山繁治)
2009年7月26日日本産婦人科医会第32回性教育指導セミナー全国大会「高校での性教育の実践とその課題」講演 (秋山繁治)
2009年7月19日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2009年7月1日環境省自然環境局から希少野生動植物保存推進員を委嘱 (秋山繁治)
2008年7月27日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2008年5月14日岡山県高等学校教育研究会理科部会生物分科会委員の委嘱 (秋山繁治)
2007年7月22日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2006年5月17日岡山県高等学校教育研究会理科部会生物分科会委員の委嘱 (秋山繁治)
2006年12月17日日本性教育協会(JESE)の性教育研修セミナー(大阪市立総合生涯学習センター)「授業『生命』の実践について」講演 (秋山繁治)
2006年8月20日岡山市立北公民館「高校生に"性をテーマにした授業"をどのように提供するか?」講演 (秋山繁治)
2006年7月23日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2006年7月5日社団法人日本私立大学連盟「女性理系はなぜ少ないか」座談会に招聘 (秋山繁治)
2006年7月1日環境省自然環境局から希少野生動植物保存推進員を委嘱 (秋山繁治)
2006年5月17日岡山県高等学校教育研究会理科部会生物分科会委員の委嘱 (秋山繁治)
2005年8月19日岡山市「水辺教室」で河川に生息する生物の観察指導 (秋山繁治)
2005年8月6日倉敷市「親子水辺教室」で水生生物の観察指導 (秋山繁治)
2005年7月24日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2004年11月17日岡山県高等学校教育研究会理科部会生物分科会研究授業「胚の発生」の公開授業 (秋山繁治)
2004年7月24日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2004年7月29日倉敷市・大佐町との交流「親子水辺教室」の水生生物の観察指導 (秋山繁治)
2003年10月24日山陽町立高陽中学校「性教育講演会」講演 (秋山繁治)
2003年8月19日岡山市「水辺教室」で河川に生息する生物の観察指導 (秋山繁治)
2003年7月23日岡山市「中学高校生のための水辺教室」講師 (秋山繁治)
2003年7月20日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2003年7月1日環境省自然環境局から希少野生動植物保存推進員を委嘱 (秋山繁治)
2002年8月23日岡山県立成羽高等学校教員研修会「"性"を考える」講演 (秋山繁治)
2002年7月21日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会」講演及び自然観察指導 (秋山繁治)
2002年1月26日岡山県男女共同参画推進センター(NTTクレド岡山)「"性"を考える・教育現場からの提案」講演 (秋山繁治)
2001年9月15日「ため池の自然」出版記念「ため池」シンポジウム(名古屋国際会議場)パネラー (秋山繁治)
2001年8月21日岡山市「水辺教室」で河川に生息する生物の観察指導 (秋山繁治)
2001年8月10日倉敷市「水辺教室」で水生生物の観察指導 (秋山繁治)
2001年8月8日第16回岡山県性教育研究大会でシンポジウムの責任者 (秋山繁治)
2001年7月28日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会(2)」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2001年7月8日東京都・都民の森「サンショウウオの観察会(1)」講義及び自然観察指導 (秋山繁治)
2000年8月22日瀬戸内海環境保全普及活動事業・岡山市「足守水辺教室」講師 (秋山繁治)
2000年8月2日倉敷市「水辺教室」で水生生物の観察指導 (秋山繁治)
1996年5月27日環境教材開発研究会の研究員の委嘱(秋山繁治)
1996年2月20日岡山県高等学校教育研究会・高等学校理科指導法研修講座「有尾類の教材化について」講演 (秋山繁治)
1995年7月28日 倉敷市「水辺教室」で水生生物の観察指 (秋山繁治)

  • 投稿者 admin : 09:43

最近の記事

雑誌『生物の科学 遺伝』で森林実習を紹介
2017年11月1日発行の『生物の科学 遺伝』のpp576~586に「森林の二酸化炭素吸収量の推定-自然を体感できる森林調査の実践」というタイトルで、SSH事業で2006年から2015年まで実施してきた森林実習の内容及び成果を報告させていただきました。 …続きを見る
ミイは12年半 生きました。
ミイは昨年4月くらいから異変がありましたが、対症療法だけで、何が原因かわからず、かかりつけの獣医から紹介された獣医の検査で、鼻腔内腫瘍と一年後判明しました。 その段階で、鼻の内部の骨も侵蝕された状態で、余命1ヶ月といわれましたが、体重の増減や食欲不振などを乗り越えて、2017年10月22日午前10時に、妻と娘に看取られて亡くなりました。 娘が中学校2年生、息子が高校2年生の時に、野良猫として出会…続きを見る

座間味島で森林実習

2017年10月 5日

座間味島で森林実習
座間味島で森林実習をしました。亜熱帯多雨林の森で樹高、胸高直径、樹齢(年輪数)を調査しました。 …続きを見る
no image
日野原重明。1911年山口県生まれ。京都帝大医学部卒。1941年から聖路加国際病院に勤務。専門は内科学で、「成人病」と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」と呼ぶことを提唱してきた。旧厚生省は1996年に予防につなげる意味づけで「生活習慣病」と改称した。 「生涯現役」として著作や講演など幅広く活動していた。7月18日午前6時33分、呼吸不全で105歳で逝去された。…続きを見る
no image
『人生論ノート』(三木清・著)  絶えず他の人を相手に意識している偽善者が阿諛的(あゆてき)でないことは稀である。偽善が他の人を破滅させるのは、偽善そのものによってよりも、そのうちに含まれる阿諛によってである。偽善者とそうでない者との区別は、阿諛的であるかどうかにあるということができるであろう。ひとに阿(おもね)ることは間違ったことを言うよりも遥かに悪い。後者は他人を腐敗させはしないが、前者は他人…続きを見る
権力を有する地位にある者に最も必要な徳とは?
『人生論ノート』(三木清・著)より抜粋 絶えず他の人を相手に意識している偽善者が阿訣的(あゆてき)でないことは稀である。偽善が他の人を破滅させるのは、偽善そのものによってよりも、そのうちに含まれる阿訣によってである。偽善者とそうでない者との区別は、阿訣的であるかどうかにあるということができるであろう。ひとに阿(おもね)ることは間違ったことを言うよりも遥かに悪い。後者は他人を腐敗させはしないが、前…続きを見る

このページの先頭へ