• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

 2009年1月24日、九州はその年一番の寒波。大分県国東市での野外調査。午前10時、山際を散策していると林の中に水田跡の湿地があった。残雪の静かな林の中で、溜りの水面が波打っているのが見えた。近寄るとオオイタサンショウウオが群がって産卵をしている最中であった。これまで両生類は雨が降って、気温が上がったときに産卵する(洲脇,1978)と考えられていたので、サンショウウオの仲間が雪花舞う日中に産卵行動をするとはまったく想像していなかった。この日の気温は0℃。産卵後に水温を測ると3℃、水底の泥の中でも5℃であった。オオイタサンショウウオは、低温であっても、日中であっても、繁殖行動を抑えられず、産卵するということを、野外観察から学ぶことができた。

2021-20090124.jpg
有尾類の研究に取り組んだきっかけ
 有尾類を研究するきっかけは、清心女子高等学校に勤務してちょうど6年の1989年3月、同僚の体育の先生が自宅の畑の角にある溜りで採取した正体不明の一対の卵嚢が何であるかと生物教室に持ち込んだことがきっかけである。孵化した幼生は、カエルの幼生と異なり、外鰓を持っていた。これがカスミサンショウウオ(現在のセトウチサンショウオ)だった。
継続して飼育して、2年後初めて産卵を観察した(秋山,1992)。そのことが話題となり、地元の新聞に「カスミサンショウウオ・自然保護の生きた教材に・人工繁殖にも成功」(山陽新聞,1992年5月25日)という題で紹介され、それがきっかけになって、サンショウウオについての問い合わせが多くなり、私自身がサンショウウオについて詳しくならざるを得ない状況になり、有尾類(イモリとサンショウウオ)の仲間を継続飼育するようになった。清心女子高校の生物教室はサンショウウオやイモリの飼育ケースでいっぱいになり、"有尾類に特化した動物園"に変容していた。大学に異動した今も、地元の高校生物部の生徒と一緒にオオイタサンショウウオを飼育している。

有尾類の調査・研究で見えてきたこと
 有尾類の卵は卵嚢のゼリーに包まれて発生し、幼生期は水中生活するので、水質の影響を受けやすい。成体になっても皮膚には毛も羽毛も鱗も無く、水質や大気の影響を直接受ける。それゆえに、外部環境の変化の影響を受けやすい生物なのである。
 野外で観察していて気づいたことは、①山際や水田に設置されているコンクリートU字溝が「死のトラップ」になっていること、そして、②そのU字溝が自然の自浄作用を奪い、水底をヘドロ化し、水を腐敗させていること、③産卵場所が人里離れているので、ゴミの不法投棄の場所になりやすいとこ、④繁殖期の移動の際にロードキルが起こっていること、⑤ペットとして乱獲されていること、⑤アメリカザリガニなどの外来生物によって捕食されていることである。
20211105-20191102b.jpg
20211105-ロードキル130110.jpg 
 私自身は、有尾類の繁殖についての知見を得るために、卵からの完全飼育下での繁殖方法の確立を目指した。そして、オオイタサンショウウオでは、人工授精や水槽での配偶行動誘発による産卵に成功した(秋山,2020a)。
 また、アカハライモリでは、生態調査では、本来の繁殖期でない秋の配偶行動を観察したことをきっかけに、11月に貯精嚢中に精子が存在することと受精卵を産卵できることを確認できたことから、アカハライモリの繁殖期は、従来の定説である"春に始まって初夏に終わる"のではなく、"秋から初夏までの長期間にわたる"という繁殖戦略についての新しいい知見を得ることができた(Akiyama et al., 秋山,2020b)。
 有尾類の保護については、生息数の減少を引き起こした原因が解明され、解決がない限り、生息数の減少に歯止めがかからない。また、飼育された個体を自然に帰すこと自体の問題も考慮しなければならない。
 30年間、有尾類と向き合うことでいろいろなことを考えさせられた。毎日の餌やりで生き物と対話した生徒が、生き物への愛情を育み、小さな命の大切さを学んでくれたと信じている。

【文献】
〇秋山繁治:1992.孵化後実験室内で飼育し産卵したカスミサンショウウオ.両生爬虫類研究会誌,41:1-5.
〇秋山繁治:2020a.卵から完全飼育下でオオイタサンショウウオの繁殖に成功.九州両生爬虫類研究会誌,11:62-63.
〇秋山繁治:2020b.イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略(秋から春をまたぐ多重交配の謎を解く).生物の科学遺伝別冊 24:340-349
〇Akiyama.S, Iwao.Y., Miura.I. Evidence for True Fall-mating in Japanese Newts Cynops Pyrrhogaster.Zoological Science 28:758-763(2011)
〇山陽新聞.カスミサンショウウオ・自然保護の生きた教材に・人工繁殖にも成功.1992年5月25日朝刊.
〇洲脇清:1978.カスミサンショウウオの産卵習性.岡山県高等学校教育研究理科部会誌28:31-36.

  • 投稿者 akiyama : 14:34
『生物の科学遺伝』9月号に「最も身近な有尾類アカハライモリの生態を探る」を執筆
同僚の先生が庭で採取したバナナ状の卵嚢一対を生物教室に持ち込んだのは,1989年3月のことだった。図鑑で調べた結果この卵嚢は、カスミサンショウウオ(2019年にセトウチサンショウウオとして記載)のものであるということが判明した。孵化後、無事に成長し、2年後には約10cm 程度に成長し、生物教室の水槽の中で産卵した。この水槽の中の様子に生徒も興味を持ち始めた。そこで、様々な有尾類を飼育しながら、発生…続きを見る
イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略
アカハライモリは、これまで春から初夏に掛けての2-3ヶ月が繁殖期であると考えられてきた。ところが、秋にも、野外でたびたびイモリの交配行動を観察し、雄の婚姻食もが現れることも確認した。これまでの記録をみると、1931年には筒井が、1961年には岩澤が同様にイモリの交配行動を秋に観察しており、岩澤と石井(1990)は精巣の重量が9月~10月に最大になること、アンドロゲンの分泌が春と秋の2度、ピークに達…続きを見る
アカハライモリを教材として利用 ⑦まとめ
発生教材として、カエルの仲間がよく用いられるが、受精率と胚の観察のしやすさでは、イモリの方が優れていると考えられる。ヒトなどの哺乳類の初期発生は体内で進み、ニワトリなどの鳥類の発生は輸卵管と卵殻中で行われるのでたやすく観察できない。それに対して、イモリなどの両生類は、受精から孵化までの過程が、透明なゼリー中で進むので、初期発生からすべての段階を観察できる。受精卵の縛り方によって双頭の幼生や別々に分…続きを見る
アカハライモリを使った発生の観察 ⑥生徒へのアンケート
 生徒の自己評価をみると、「卵割からいろいろな器官に分化する過程が理解できた」、「発生の仕組みに興味をもった」がともに86%であり、学習の動機づけにはなったようだ。一方、技術的には、「実体顕微鏡の操作が身についた」が81%、卵の結紮は、「うまく縛れた」が62%と少なかった。しかしながら、生徒の感想に「今まで映像で見てきたイモリの胚を実際に見て,映像や写真通りに卵割の形が見られて,とても面白かった」…続きを見る
アカハライモリを教材として利用 ⑤授業の展開
授業は、①アカハライモリの特徴及び生態の理解(ビデオ教材を利用)、②初期胚の観察及びスケッチ、③各発生過程の理解(ビデオ教材を利用)、④胚の結紮実験の順に進めた。 ①については、雌雄の区別、春の繁殖期と冬の越冬期の野外での様子と繁殖行動を紹介した。積雪下の水田側溝で多数のイモリが群れているシーンや、配偶行動(配偶行動の後,雌が雄の産み落とした精包を貯精嚢に取り込む)を見て、貯精の仕組みや受精のさせ…続きを見る
アカハライモリを使った発生の観察 ④実験の準備
 産卵は、前述のゴナトロピン注射による産卵誘発でおこなった。繁殖期のイモリは貯精嚢(総排出腔付近の各細管)に精子を保持(貯精後6カ月以上受精可能)し、産卵時に体内で受精させる仕組みになっている。産卵時を発生のスタート(受精時)と考えて観察することができる。したがって、生徒に初期胚を観察させるには、第一卵割までに要する時間をさかのぼった時刻に産卵するように注射をしておけばよい。  注射したイモリを入…続きを見る
アカハライモリを教材として利用 ③アカハライモリを使った初期発生の観察
教材はアカハライモリを用いた。アカハライモリは、北海道・沖縄を除く広い範囲に分布し、比較的容易に入手できる代表的な有尾類の種である。「イモリ」という名は、「井守」と書くが、「井」が「井戸」や「水田」を表すことから、「井戸を守る」「水田を守る」を意味するといわれるように、池や水田側溝、小川のゆるやかな流れ、山地の湿地などに生息している。 体外受精で、透明なゼリーの中で孵化まで成長するので、各器官が形…続きを見る
アカハライモリを教材として利用 ②生物の発生過程を学ぶことが大切
小学校の実践で「一つの選ばれた精子が卵子(生物学では卵)と受精できる」という擬人的な表現をして、生命の尊厳を教える指導がよくなされている。実際、前述の中学校の教科書の「たった1つの精子だけが」という記載に、「選ばれた精子」というイメージを付随していることを感じる。私はまず、生命現象をきちんと科学的に理解させることが理科では重要だと考えている。高校では、生物の発生(受精卵から成体になる過程)の教材と…続きを見る
アカハライモリを教材として利用 ①はじめに
高校1年生の生物で「生殖と発生」を教える中で、「ヒトの受精はどこで起こるか」と生徒に質問したら、正解したのは29%だった。女性である生徒にとって自分の身体のことでもあるので、知っているだろうと期待していたが、そうではなかった。正解した生徒に情報源を聞くと、中学校の保健体育という答えが返ってきた。さっそく、中学校の保健体育の教科書を借りて調べてみると、「膣内に一度に射精される精子の量は、ふつう2~4…続きを見る
岡山県北部でアカハライモリ調査
もう20年以上アハハらイモリの調査に通っている岡山県北部の水田に出かけた。今回は、1年半前に退職した清心女子高校生命科学コースでアカハライモリのクローン作製目指しているグループの生徒が同行した。実験材料として使っているアカハライモリが自然の中でどのように生きているのか観察してもらうためだ。この季節の県北は新緑に包まれていて、それを眺めながらの調査は気持ちがいい。 …続きを見る
宮崎県でアカハライモリ探し
宮崎県の公立高校の先生方にSSH事業と課題研究の進め方について話させていただく機会をいただいたので、そのついで、先生方と宮崎県のアカハライモリの調査で出かけた。一日しか調査できなかったが、先生方に協力していただいて、この時期でもイモリを採取できる生息地を3箇所みつけることができた。 …続きを見る
岡山県北部でイモリ探し
連休は草刈りの作業でつぶれて、やっと県北にイモリを観察するために向かった。県南では木々は青々としているが、県北の森は5月中旬でも新緑であった。水田には苗が植えてあったが、イモリの姿は発見できず、湧水が流れ込みがある場所でやっと捕獲することができた。 …続きを見る
県北の積雪前にイモリの調査
寒波が来て、明後日は県北では積雪という天気予報で、イモリの調査に出かけました。イモリの姿はほとんど見られませんでしたが、なんとか雄5匹、雌5匹を採取できました。 …続きを見る

ICB2015 Poster Session

2015年11月17日

ICB2015 Poster Session
ポスター発表には、3題(カメ、イモリ、森林)を申し込んだ。一人の研究というより、これまで継続して長い期間をかけて取り組んできた成果をまとめての発表ということになる。生物多様性に関連したテーマを設定した。 …続きを見る
no image
数研出版サイエンスネット54号に「授業における有尾類の活用」というタイトルで、アカハライモリを使った教育実践の紹介をさせていただきました。 http://www.chart.co.jp/subject/rika/scnet/54/Snet54-column.pdf …続きを見る
日本動物学会第86回新潟大会高校生によるポスター発表
新潟の朱鷺メッセで、日本動物学会第86回新潟大会が開催され、高校生によるポスター発表に行ってきました。伊丹から新潟への空の便で行くのは初めてで、新潟を上空から、収穫前の稲が育っている水田が整然と並んでいる光景が印象的でした。本校からは2年生が1件参加させていただきました。コンペのような競争するスタイルだと、審査の人から厳しいコメントをもらうことが多いのですが、本学会では、多くの研究者からアドバイス…続きを見る
学校周辺の水田も田植えが終わった
アカハライモリの調査で、大分県の南部に行ったとき5月9日には田植えが終わってイモリが水田を徘徊していた。同じ大分県でも日田市は6月13日に行ったときに田植えの最中であった。学校周辺でもほぼ田植えが終わったようだ。二子の丘からの眺めも梅雨時期の水田の姿になった。 …続きを見る
日田市でイモリの調査
日田市の山間部でアカハライモリの生息状況を調べた。休耕になっている水田もあったが、昔ながらの水田も見ることができ、2カ所でアカハライモリを確認できた。水田に水をはられてから間もない状況であったが、イモリの産卵行動(写真は雌雄の配偶行動)を観察することができた。赤い腹を上に向けているので死んでいるのかと思ったら産卵中だった。カメラを近づけると急いで逃げて行ってしまった。その近くの雑草を拾い上げてみる…続きを見る
愛媛県でアカハライモリ探し
瀬戸大橋を渡って、愛媛県に一人でアカハライモリを探しに行きました。山間部の水田でなんとか見つけることができました。 …続きを見る
1  2  3  4  5

このページの先頭へ