• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

「生命科学コース」の開設からの学校改革を目指した背景に、卒業生が勤めていた鷗友学園の取り組みがある。その取り組みが『中央公論』の記事に紹介されていた(卒業生が、鷗友学園の実験書などの資料ととも記事を送ってくれた)。

(駐大生公論)教育改革現場ルポ--鴎友学園はなぜ立ち上がったか 中井 浩一 p96-99引用

 私学においては建学の理念こそが問われている、とはよく言われることである。しかしそれは私学に限ったことだろうか。私学・公立の区別なく、およそ学校において一番重要なのは理念、すなわち何を教育目的とするかであろう。なぜだろうか。学校とは組織の一つであり、
すべての組織と同じくある目的を達成するために存在しているからである。
 では組織が改革されなければならないのはなぜなのだろうか。本来の目的が組織内外の事情で果たせなくなったからであろう。組織が硬直したり、組織防衛に専念するうちに本来の目的が忘れられてしまった場合などである。しかしより根本的な改革が求められる場合がある。時代の変化によって、求められる目的自体が変わってしまった場合である。このときは従来の組織を根本から否定し、異なる理念による異なる組織を作りださなければならない。
 いま間題になっている学校改革の場合がまさにそうである。社会の高度情報化と国際化によって、求められる人材が変化してしまったのである・それは、従来の「学校」、つまり明治以来の国家主導 の教育体制がその使命を終えたことを意味する。「学校」は低コストで均質の 知性を大量生産することに成功し、日本の近代化、敗戦後の高度経済成長に貢献した。しかし高度情報化社会に求められているのは創造的で多様な知性、つまり以前よりはるかに高い能力である。
 従来は「個性的教育」と「画一的教育」の違いを「良い・悪い」「正しい・間違い」「真・偽」で議論してきた。しかし本質的には能力の違いとしてとらえるべきではないだろうか。社会の成熟・発展の異なる段階で、求められる能力に高低の違いがあることは当然であり、それを善悪、正邪、真偽の範疇でとらえることには無理があるのではないか。
変化したのは社会の要請だけではない。教育の対象である子どもがすっかり変わってしまった。家庭や地域の教育機能が低下し、子どもをとりまく環境が激変したからである。こうした変化に従来の「学校」は対応できないでいる。
 いま世間で私学・私塾が注目されているのは「学校」という概念自体が無意味になりつつあり、国家管理の公教育が根底から問い直されているからである。私教育は自主独立を旨とし、教育目的には「自由」「個性」を標榜してきた。事実、学校改革においては私学は公立より十年は進んでいる。私学においては少子化は弱小校の死に直結し、いち早い対応を迫
られたからである。中・高六年一貫教育はその切り札であるが、その内実が問われている。
 新時代のために行われはじめた教育内容を見ると大きく三つに分けられるようだ。英語教育やコンピューター教育などの実学的なもの〈(これをAとする)。従来の「与えられた問題を解く」教育に反対し、「問題発見・解決能力」を目的とする教育(これをBとする)。自我の発達、進路・進学を決める能力を目的とする教育(これをCとする)。この三者はいずれも新たな取り組みであり、模索が続いている段階である。理論的にも三者が相互にどう関係し、それが高度情報化と国際化の動きや子どもを取り巻く環境の変化にどう対応しているかが問題として残されている。
  では鷗友学園の教育内容はどうだろうか。そこではCを中心としABを行っているといえよう。Cとはすでに紹介した「アイデンティティの確立をめざす」ホームルーム活動のことである。Cが中心になることは、思春期を生きている生徒を対象とする中学・高校では当然だろう。彼らは自分の生き方、将来を決めるために、「自己とは何か」、「人間とは何か」という根源的な問いに直面する。親や教師への依存から抜け出し、友人関係を見つめ直し、孤独の中で自己と向き合う。そこから生まれてくる固有の関心、問題意識が進路や進学先を決める。これは各人のアイデンティティを確立すること、と言い換えてもよい。
 中学・高校教育では、生徒の問題意識の形成のために学校の全教科が有機的に組織されるべきであり、そのために全教師が協力できることが理想である。鷗友学園のホームルーム活動は、そのための大きな一歩であろう。、
 このプログーフムが時代の要請に応えるものであることは、鷗友学園の有名大学進学者の増加からも推察される。大学の入試改革、すなわち論文入試・推薦入試などを取り入れた多様化の要請に合ったものだったのである。例えば小論文入試であるが、鷗友学園では個別の添削指導の他には特別な指導は行っていない。しかし、「アイデンティティの確立」のカ
リキュラムが何よりも有効な小論文対策になっている。これは偶然ではない。大学改革も中学・高校の改革も、同じ危機への対応策だったことからの必然的結果である。
 しかし鷗友学園の改革は単に時代の要請に応えようとしただけではない。それは同時に鷗友学園の内的発展でもあった。伊藤が「自由と表出」として目標をとらえたことは、学園のそもそもの初心へとかえり、そこから現在の自己をとらえ直そうとしたのである。つまり改革は鷗友学園のアイデンティティ確立の試みでもあったのである。ここで学校改革にも二つのレベルがあることがわかる。単に学校の置かれた問題を解決しようとする外的なレベルと、それを内的発展にまで深化しようとするレベルと。そして後者こそ学校の個性化、特色化の真の意味ではないだろうか。これは「問題発見・解決能力」(つまりB)にも外的レベルと内的レベルの区別があることを意味するだろう。
 伊藤はよく他校の校長から言われたらしい。「自分のところでも鷗友学園と同じようなことをしているのに、なぜ私のところではうまくいかないのだろう」と。これは改革の二つのレベルの違いに関係するのではないか。生徒のアイデンティティ確立(つまりC)を教育するには、学校改革のレベルが自らのアイデンティティを問うまでに深化していなければならないのではないか。なぜだろうか。改革の成否は、教師自身が改革の中で「教育とは何か」「われわれの学校の理念とは何だったのか」「教師とは、私自身とは何なのか」という根源的な問いにまでたちかえったかどうかによって決まるからだろう。自らの改革にたち向かえない人間が、他者のそれを理解し見守ることができるだろうか。ここからBとCの関係においては、Cこそが根源的であり、CがBの前提であることがわかる。CをふまえたBと、それなしのBでは違ってくるのではないか。
 こうした教師の姿勢の問題は、同時に教師の能力の問題としてもとらえなければならない。「個性的教育」、つまり生徒により高い能力を養成しようとするためには、それを指導する教員自身に以前よりはるかに高い能力が求められるのである。これが教育改革を困難にしている最大の理由ではないのか。大半の教師はそうした能力を持たないのだから、どのように教師が教育されるべきかが大問題になるだろう。しかしわれわれはすでに答えを手にしている。「学校改革の中で」「学校と教師自身の内的深化の過程で」であろう。「教育は本来自己教育である」という真理がいやがうえにも光り輝いてくる。
 「自由と表出は生徒に対して示されたものではなく、教師自らに対しての目標でした・この十年間が楽しかったのはそれをひたすら実現するべく努力してきたからでしょう。変わったのは私自身なのです」。鷗友学園の川辺道雄の回想である。
 学校改革の困難な原因をその教育目標の高さから説明してきたが、学校の特殊性も大きな障害になっている。学校は教育というきわめて特殊な目的を持ち、それゆえに政治や社会からの独立性を必要とした。それは個々の教師の自立性を保証することにもなった。授業においては、教師は各自が一国一城の主である。授業が公開されること仕例外であり、保護者や校長だけでなく他教師すら口を挟みにくい。それには肯定面もあるが、授業や学校が聖域にされ、世間常識の通用しない場になってきた面もある。組合と文部省との対立が、肝心の生徒や市民を置き去りにして続いてきた背景にも、こうした閉鎖性の問題があろう。

自らが2006年度から2015年度まで文部科学省SSH事業の助成を受けて教育内容の改革に取り組んだ「生命科学コース」の教育は、どのように評価されるのだろうか。「生命科学コース」で学んだ清心女子高等学校の卒業生が大学院博士課程を卒業する今になって、答えがでているかもしれない。

  • 投稿者 akiyama : 10:57
清心女子高等学校で取り組んだ有尾類についての研究(SSH10年間の研究発表)
(以下は、有尾両生類関連の発表のみの紹介です。酵母や森林、植物の研究は含まれていません。) 2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius …続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(15)科学教育への思い
科学教育への思い  私自身は、大学卒業時に研究を志すものの、経済的な理由で大学院進学をあきらめ、高等学校の教員として就職した。40歳過ぎた頃休職して修士課程は修了したものの学位の取得は断念していた。そんな時、大学の先生から「研究できる環境がないなら、高校に研究できる環境をつくればいい」と紹介されたのがSSHだった。 SSHは、生徒の科学研究だけでなく、教師である私にも科学研究の機会を与えてくれた…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(14)グローバルな視点で理科教育を考える。
グローバルな視点で理科教育を考える  「なぜ銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。」 2014年、17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイさんの言葉である。彼女は"女性が教育を受ける権利"を訴え続けてきた。今も、女子だからという理由で学校教育を受けられない国…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(13)「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画
「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画  「女子生徒の理系進学支援」の一環として、"科学研究"の成果を研究の途中段階でも気軽に発表できる場として、"発表者が女子だけ"の「集まれ!理系女子・女子生徒による科学研究発表交流会」を2009年から開催している。最初は、近隣の福山大(広島県福山市)を会場にしていたが、年々参加者が増え、2014年度から全国から参加者が集まりやすい場所で開催するようになっ…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(12)教育プログラムの効果
教育プログラムの効果  2015年度のデータ(次の図)で、本研究の対象としている生命科学コースの方が、文理コースより教育活動を非常に高い割合で肯定的に受け入れており、学習に前向きに取り組んでいる姿勢がうかがえることがわかる。また、卒業後10年が経過しても、現在の生活に生命科学コースの教育が影響していると8割以上が答え、好奇心・理論へ興味などが向上したと8割が判断していることがわかった。保護者・教…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(11)「自然探究Ⅰ」からの課題研究
「自然探究Ⅰ」からの課題研究  入学して間もない高校1年生の森林実習は、自然体験が非常に少ない女子生徒に「山に入るとは山道をハイキングすることではなく、山道の雑草をかき分けて林床に入るような体験をさせたい」という方向で企画したプログラムである。当初は「樹木の種類を区別できるようになること」と「森林調査を"体験"すること」を目的にして出発した。4泊5日の森林調査での共同作業、そして共同生活が生徒に…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(10)テーマはどのように設定したのか。
テーマはどのように設定したのか。   「生命科学課題研究」で、生命科学コースの4つのグループが取り組んでいるテーマは図のとおりである。これらは大学の研究室のイメージで研究テーマを設定している。  「生命科学課題研究」以外の「自然探究Ⅰ」の実習や「生命」のアンケート調査などから派生したテーマも生徒が希望すれば取り組ませている。  「自然探究Ⅰ」の森林調査から、「遷移段階の異なる森林の二酸化炭素吸収…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(9)課題研究の成果を発表する場を求めて
課題研究の成果を発表する場を求めて   課題研究に取り組み、生徒にとってわかりやすい成果を得ることができれば、それに伴って前向きに学ぶ姿勢や教科科目の基礎知識など、総合的な学力が伸びると考えた。まず目標を設定することが必要だと考え、「全国レベルの高校生の研究発表会で高い評価を得る」という"わかりやすい"目標を設定した。生命科学コースを開設する前は部活動で科学部はあったものの、発表会に参加した経験…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(8)課題研究で生徒の適性を引き出す
課題研究で生徒の適性を引き出す   課題研究は、生命科学(4グループ)、物質科学(1グループ)、数理科学(1グループ)を設定している。指導教員(1グループに1人)が研究するテーマを生徒に説明し、生徒各自がどの研究グループに属するかを選択する。研究を進めていく過程で、それぞれのグループに大学の先生方から専門的なアドバイスをいただくという体制をつくっている。科目としては週2時間を設定しているが、興味を…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(7)女子生徒に自然体験が重要
女子生徒に自然体験が重要  『理科離れしているのは誰か』(松村泰子編)で、「自然体験・生活体験と理科の好き嫌いの関係(中学校)」を、「トンボやちょうちょなどの虫取りをする」かどうかでみる項目がある。男子の理科好き59.3%、理科嫌い35.2%、それに対して女子の理科好き35.9%、理科嫌い27.7%で、男子で有意差があるのに対して、女子では差がなく、しかもその体験自体が少ないことがわかる。女子で…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(6)ディベートを導入した「実践英語」とネイティブ担任制
ディベートを導入した「実践英語」とネイティブ担任制  「ディベート」とは、与えられた議題について討議する「言葉を使ったゲーム」である。日常では経験しない立場(役割)を体験することによって、ゲームとして楽しみながら、表現する技術を身につけることができる。ディベートでは、多くの情 報を集め、検討し、論理を明確にすることが求められるので、人前で議論する力、論理的思考力、文章作成力、積極性を磨くことがで…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(5)授業「生命」の誕生
授業「生命」の誕生  「生命科学コース」を設定する前の段階で、女子教育には性教育が重要と考えてホームルーム活動や総合的な学習の時間を使って実践してきたという経緯がある。性教育は、「不純異性交遊」として生徒指導的に扱われた時代、女子生徒だけを対象とした月経指導教育で扱われた時代を経て、セクシュアリティー教育(人権やパートナーシップなどの人間関係を学ぶもの)へと変遷してきた。今や「性」という枠組みで…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(4)新たな教育システムの構築
新たな教育システムの構築  改革の第一歩は、「生命科学コース」の開設であった。当時は全国的に薬学部新設が続いた頃で、女子生徒の医療分野への進学が加速していることを追い風にして、女子生徒の理系進学支援をコンセプトに、まずは生命科学分野からということで、「生命科学コース」が誕生した。そして、従来のシステムから発展させたコースを「文理コース」とした。次の図は2015年度の教育内容を示したものである。 …続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(3)目的
研究の目的   本学園前理事長シスター渡辺和子の著書『置かれた場所で咲きなさい』(2012年発行)が1年で100万部を突破し、今では200万部をも突破している。本の帯には、「人はどんな境遇でも輝ける」とある。シスターは、人は置かれた状況はそれぞれ異なっていても、今の立場で前向きに生きてくださいというメッセージを贈っている。このような本が爆発的に売れるということは、逆に言えば、今の社会に生きる多く…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(2)背景
背景  ノートルダム清心学園清心女子高等学校は、1886年創設のフランスのナミュール・ノートルダム修道女会を母体とした中高6年一貫教育の女子校である。県内に姉妹校として、幼稚園、小学校、大学、大学院がある。進路は、1980年代初めまで、姉妹校を中心にカトリック系大学の文系学部への進学が大きな割合を占めていたが、時代とともに理系を中心に進学先が多様化し、その状況に対応することが必要となり、1986…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(1)はじめに
はじめに  岡山県内の私立高校は24校あるが、今や"女子校は2校のみ"になってしまった。女子校は、全国的にみると公立の伝統校と女子大に併設された学校、中高一貫進学校は残ってはいるが、マイノリティーでしかない。男女共同参画を目指す社会で、共学校を標準とする時代に、女子校が存在する理由となるような役割はあるのだろうか。"男は仕事、女は家庭"を支える女子教育では、現代社会のニーズには応えられない。女子…続きを見る
no image
SSH事業に継続で3度目の採択を受けましたが、ノートルダム清心学園 清心中学校清心女子高等学校【実践型】の審査で、以下の指摘を受けています。 〇環境教育からESDへと発展させようとしている点や、ユネスコスクールの連携を活用しようとしている点は評価でき、期待できる。 〇理系女子の教育という明確な目標があり、わかりやすい取り組みなっていること、内容的には、課題研究をはじめ多くの取組がしっかり実施され、…続きを見る
第66回読売教育賞(カリキュラム・学校づくり部門)最優秀
読売新聞2017年11月4日 「研究に力 理系進学を支援」  清心女子高(倉敷市) 女子生徒の理系進学を支援しようと、2006年度に「生命科学コース」を開設。文部科学省の「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」事業に、私立女子高として全国で初めて採択された。「科学課題研究」を中心に据えたカリキュラムの開発に取り組んだ10年間の実践が高い評価を受けた。  沖縄やマレーシアでの野外実習など、自然体…続きを見る
雑誌『生物の科学 遺伝』で森林実習を紹介
2017年11月1日発行の『生物の科学 遺伝』のpp576~586に「森林の二酸化炭素吸収量の推定-自然を体感できる森林調査の実践」というタイトルで、SSH事業で2006年から2015年まで実施してきた森林実習の内容及び成果を報告させていただきました。 …続きを見る
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページの先頭へ