• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

2020-20集まれ理系女子_九州大会.jpg

・ありがとうございました!(多数)
・専門的なアドバイスがいただけたのが嬉しかった。どんどん取り入れていきたい。
・皆さんとてもレベルの高い発表だったと思います。とても面白かったです。ありがとうございました。
・オンラインの是非は、オンラインだと生徒同士の交流が難しいのが難点かなと思います(学会もそうですが)。サンショウウオについての研究や、研究者の方々の研究を始めた理由、アドバイスなどが聞けて、とても勉強になりました。
・今まであまり知らなかった他の分野にも興味が持ててよかったです。
・自分たちの研究を他校の人や専門家の人たちに聞いてもらえて良かった。
・他校や専門家の方の研究はどれも興味深いもので面白かった。
・素晴らしい発表会で、大変参考になりました。ご苦労様でした。(多数)
・とても興味深い発表ばかりでした。
・今後の研究の参考になりました。
・他の学校の研究や専門家の先生方の講演には、自分達の研究に活かせる内容が数多くありました。
・久しぶりに研究の話を聞いて刺激を受けました。少しずつまた頑張ろうと思いました。
・教員への質疑応答もあったらいいのではないか?
・会場開催に比べて、退室、再入室が用意で、興味のある発表だけ聴講させていただきました。顔やスライドも見やすかったです。九州のような地方の高校生にとっては特に刺激になったと思います。案内に部分的参加が可能であることを前面に掲載すればさらに参加者数は増えると思います。
・とても興味深い発表を職場や自宅から拝聴でき、とても有意義でした。ありがとうございます。
・質問時間の後に聞きたいと思ったことがあったので最後に全体的な質問の時間を設けていただけると嬉しいです。ご検討よろしくお願いします。
・高校生でも、というより高校生だからここまで出来たのかなと思いました。今後の発展に期待しています。ちょっと時間が長かったので失礼ながら途中は抜けさせて頂きました。ごめんなさい。
・研究、プレゼンのレベルの高さに感心しました。全国どこからでも、拝聴出来ることは、素晴らしいと思いました。同じようなイベントがあれば、また参加したいです。このような機会を与えていただきありがとうございました。運営も含め感謝申し上げます。
・同年代の女子の活躍が見れたことや、大学などの研究機関で研究をされている先生方のご発表を拝見できたことは刺激的でした。自分が発表する時の参考になりこの機会を活かして行きたいと強く思いました。わずかしか参加出来ませんでしたがこのような機会があればまた参加したいです。
・高校生の研究がいかに進んでいるか驚きと共に、大きな期待も感じました。理系女子にはまだまだ生きにくい社会ですが、少しずつ、でも確実に世の中は変わってきています。夢を持ち続けたら必ず道は開きます。楽しみながら頑張ってください。
・いろんな研究をきくことができ、自分たちの研究の参考になったのでよかったです。
・私は一年生で、初めて研究発表を聞いた。皆さん、発表しているときの声がいきいきしていて、楽しそうだった。とても刺激を受けた。自分も一生懸命研究して発表する立場になりたい!
・全国の高校生で、同じようにサンショウウオの研究をしている人たちと交流ができ、とても良い経験となった。特に再生科学の実験については、自分でもやってみたいと思った。今回学んだことを今後の研究や保全活動に活かしていきたい。
・とても刺激的で面白かったです。ただ、リモートと言うことで音声や映像時々問題が生じたりすることがありました。また、タイミングなどにより質問をするのが少しやりにくくなったりしたので、できることならばひとつの会場に集まって話を聞きたいと思いました。今回はありがとうございました。
・トウキョウサンショウウオの研究の同じ高校生のレベルの高い発表が聞けて、とても刺激を受けました。また、宇都宮大学の飯郷先生をはじめとした講師の方々の話はとてもためになる話ばかりでした。この経験をもとにこれからも理系女子として頑張りたいです。
・自校でも発表会等を開催する際の参考になりました。ありがとうございました。
・ご準備お疲れ様でした。ありがとうございました。
・勉強になった。(多数)
・色々な高校や大学の教授の発表を聞けてどの発表も面白くタメになったし今後自分達が発表する際にどうすれば良いのかなどが分かりとても良い発表会だった。
・他の学校の研究や専門家の先生方の講演には、自分達の研究に活かせる内容が数多くありました。
・発表した生徒たちの研究意欲は素晴らしい。これからも協働しながら頑張ってください。講演いただいた先生方の分かり易い話、研究者としての高校生へのメッセージなど大変興味深く聞くことができました。この会を準備された皆様、運営された皆様、お疲れ様でした。素晴らしい会に参加させていただきありがと
うございました。
・まだわからないところがあったがいい経験になったと思う
・さまざまな研究に触れることができ、とてもよい刺激となった。
・大変興味深く参加させていただきました。また、勉強になりました。どうもありがとうございました。
・生徒同士の質疑がもう少し活発だとよいと感じました。
・長時間で、教員と生徒たちの準備や当日の運営、参加も大変だったと感じます。ありがとうございました。
・会場開催が難しかったり、遠方開催で参加が難しかったり、学校によって事情は様々ありますが、可能であれば現地でじかに発表を聞きたいですし、無理な場合でもオンラインで参加できることになれば生徒にとっても学びの機会が増え、非常に良いと思います。
・今回は非常に楽しく参加させていただきました。ありがとうございました。
・生徒発表も研究レベルが高く、また質疑応答もしっかりしており大変素晴らしかったです。本校もイモリを研究していることで視聴参加しましたが、多くの専門家の講義もあり、有意義で貴重な講義でした。これほど充実したプログラムを作成し、開催できることは長年、継続して理系女子の集いを開催している、
ノートルダム清心女子高さまのご尽力が大きいと思います。交流がなかなか難しいこのごろで、場を提供していただきありがとうございました。
・大学の先生方のお話が面白かった。一般参加なので、あまり質問する気にはなれなかったが、自分が疑問に思っていたことを、先生方が聞かれていたので、研究内容をしっかり理解することができた。
・今後の自分の研究を行っていく上でのいい参考になった。
・とても素晴らしい話を聞いて参考になりなした。特に岐阜高校の生態系の復帰活動にとても関心を持ちました。
・今後の自分の研究を行っていく上でのいい参考になった。
・全国の高校生の発表を聞いて刺激を受けることができました。下準備をしっかりしており発表もとても分かりやすくて参考になりました。今回、参加して学んだことを自分たちの課題研究にいかしていきたいと思いました。
・手軽にできてとても良いと思う。
・他県の生物の生態について色々知らないことがたくさん知れて楽しかったし、SSH での発表の参考にもなって参加して良かったなと思いました。
・今後の自分の研究を行っていく上でのいい参考になった。

  • 投稿者 akiyama : 08:03
教育改革を考えるために1995年から1997年にかけて実施したアンケート
文部科学省スーパーサイエンス事業に2006年に採択される10年前の段階で、プロジェクト・リーダーとして教育改革を考えるためのアンケートを企画し、実施した。 詳細は、HPの「論文資料」からダウンロードできます。 はじめに  1995年7月から1997年8月、本校では、「清心中学校・清心女子高等学校の展望」を考えるプロジェクトが計画された。今回は、そのプロジェクトの中で実施されたアンケートを中心に、…続きを見る
「科学課題研究」を中心にした教育プログラムで、生徒の好奇心を育成
はじめに 私が高校教員として,生徒の科学課題研究の指導に取り組んだのは,勤務校がSSHに指定された2006年から2016年までの約10年間です。課題は,「生命科学コースの導入から出発する女性の科学技術分野での活躍を支援できる女子校での教育モデルの構築」であり,科学課題研究を柱としました。 科学課題研究を教育プログラムの柱に設定 SSH教育プログラムにおいて,「体験」では,森林実習(4泊5日)や沖…続きを見る
2008年から10年間の生命科学コースの科学研究発表の主な成果
2008年度 ●平成20年度SSH生徒研究発表会 科学技術振興機構理事長賞 2010年 ●第54回日本学生科学賞中央予備審査 入選3等 2011年度 ●第55回日本学生科学賞岡山県審査 県知事賞 ●第9回高校生科学技術チャレンジ(JSEC2011)アジレント・テクノロジー賞 2012年度 ●第56回日本学生科学賞岡山県審査 県知事賞 ●インテル国際学生科学技術フェア(ISEF2012)派遣 ●高…続きを見る
SSHの活動で,生徒のの生き方に影響するような体験をさせたい
鳥には人間が作った境界線などありません。誰が所有する土地だろうが、山だろうが、渡り鳥であれば国境すら行動を制約することはありません。魚にも人間がつくった境界線などありません。回遊魚であれば、広い海を自由に泳ぎ回っています。 人間はどうでしょうか。大都市のど真ん中の交差点で、もし信号機がなかったらどうなるでしょうか。渋滞は必至で、車は身動きできないし、我先にという気持ちでイライラして事故が頻発…続きを見る
オープン・ラボを起点とした理科課題研究を推進する教育ネットワーク
 理科教育(秋山繁治)研究室では、「オープン・ラボを起点とした理科課題研究を推進する科学教育ネットワークの構築」を研究課題にして取り組んでいる。以下は、目的について解説する。  文部科学省SSH事業における「学習によって育成された能力を統合し,課題の発見・解決に取り組む」科学課題研究の有効性を踏まえ,現学習指導要領の高等学校「理科」では「理科課題研究」が設定された.しかし,多くの学校では「理科課…続きを見る
イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略
アカハライモリは、これまで春から初夏に掛けての2-3ヶ月が繁殖期であると考えられてきた。ところが、秋にも、野外でたびたびイモリの交配行動を観察し、雄の婚姻食もが現れることも確認した。これまでの記録をみると、1931年には筒井が、1961年には岩澤が同様にイモリの交配行動を秋に観察しており、岩澤と石井(1990)は精巣の重量が9月~10月に最大になること、アンドロゲンの分泌が春と秋の2度、ピークに達…続きを見る
2006年度のSSH事業出発の原点「清心中学校・清心女子高等学校の展望」
2006年度に文部科学省スーパーサイエンス(SSH)事業に採択され、10年間主任として、企画運営をしてきました。その前の段階に、以下の「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」を考えるためのプロジェクトがあり、リーダーとして運営し、最後に報告書を作成しました。しかしながら、校長交代で、報告書は生かされず眠ったままになっていました。 2005年4月に校長が交代し、機をみて「文科省に改革案を示して…続きを見る
全国理系女子高生ウェブ交流 泉ヶ丘 両生類研究を発表
9月26日の宮崎日日新聞で、大学のオープン・ラボで研究している都城泉ヶ丘高校の科学研究発表交流会での発表が紹介されました。 全国の理系女子高生が研さんの成果を報告する「女子生徒による科学研究発表ウェブ交流会」(ノートルダム清心学園清心中学清心女子高主催)は19日、オンラインで開催された。本県からは都城市・都城泉ヶ丘高生物部の部員が参加。国と県のレッドデータで絶滅危惧種に指定されているオオイタサン…続きを見る
WEBによる女子生徒による科学研究発表交流会 当日
 今回の「集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究研究交流会 九州大会」ZOOMによるオンラインでの大会になった。オンラインであれば、九州に発表校を限らないで、全国から参加してもらうことができると考え、宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校生物部が起点になって、研究テーマにしている有尾類に特化した研究発表交流会を立ち上げた。  講師の先生方も、有尾類に詳しい先生方の助言をえることにした。栃木県立佐野高等学校…続きを見る
別冊遺伝No.24『実践 生物実験ガイドブック』がでました。
雑誌「生物の科学・遺伝」別冊のNo.24として、『実践生物実験ガイドブック』が出ました。 内容は以下のとおりです。 [Part I]観察実験の基本操作の確認と工夫 光学顕微鏡 ──その基本的な使い方と注意点のおさらい   大川 均(大妻嵐山中学校・高等学校 教諭) 実体顕微鏡下で両手でピンセットを操作する練習課題   薄井 芳奈(KOBEらぼ♪Polka) モバイル顕微鏡の過去・現在・未来   佐…続きを見る
サンショウウオ研究 オンラインで話そう 19日都城泉ヶ丘高呼びかけ
(2020年9月1日朝日新聞) サンショウウオの研究に取り組んでいる県立都城泉ヶ丘高校の生物部が、サンショウウオの仲間を研究している全国の高校に呼びかけた「女子生徒による科学研究発表Web交流会」が19日、オンラインで行われる。 岐阜県立岐阜高校や栃木県立佐野高校など6校がエントリー。午前10時スタートで発表、ディスカッション、講義が一組となって6校が順次発表する。 都城泉ヶ丘高校生物部は4年前…続きを見る
集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会(第4回九州大会)
【交流会のスケジュール】ZOOMによるオンラインで開催します。 9:00~9:50 ZOOMへの接続の確認 10:00~10:20 発表①岐阜県立岐阜高等学校生物部 「守れ!ふるさとのヤマトサンショウウオ・13年間の活動記録」 10:20~10:30 ディスカッション 10:30~11:00 講義①南九州大学教授教養教育センター・秋山繁治 「イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略(秋から…続きを見る
集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会第4回九州大会 要項
目的: ①日頃の高校生の科学研究の成果の発表を通して分野・地域を超えた研究交流を行い、理系女子生徒間の友好・仲間意識を深める。 ②オンラインによる発表会を設定することで、全国の理系女子のネットワークの拡充を図る。 ③専門家からの研究内容の講評を通じて、全国的な課題研究のレベルの底上げに寄与する。 ④大学が設置している、理系女性教育開発機構等の理系女子育成を進める機関と連携し、社会全体で 理系女子…続きを見る
自然では雑草や虫でも一つとして無駄なものはない
2020年7月18日から一泊二日で座禅会に参加しました。 座禅を体験した後で、座禅のことをインターネットで、臨済宗正眼寺の住職山川宗玄さんの「天地に愛される生き方」という話を見つけました。 山川さんは、「NHKこころの時代」で、"座禅の知恵を学ぶ"で6回の講座を担当されています。学生時代は、埼玉大学理工学部で物理を学ばれていた方です。 山川さんは、台湾で自然農法の先生のお宅を訪ね、そこで「一般に…続きを見る
子どもたちに生き物との触れ合いを通して自然を観察する目を育てたい
 1989年から小型サンショウウオを飼育し始めてちょうど30年になる。生物教室に同僚が水田に流れ込む溜りで採取したというバナナ状の得体のしれない卵嚢を持ち込んできた。孵化した幼生は、カエルのオタマジャクシの形ではなく、外鰓をもった魚のような形をしていた。湧水近くの溜りに産卵する止水性のカスミサンショウウオ(現在のセトウチサンショウウオ)の卵であった。孵化した幼生は、変態後上陸し、2年目に産卵させ…続きを見る
「学級通信」から授業「生命」、女子生徒の理系進学支援へ
はじめに  2016年11月、1983年からのカトリック系中高一貫女子校(ノートルダム清心学園清心女子高等学校)の勤務を終えた。そして2016年12月、学園理事長シスター渡辺和子が逝去された。一つの時代が過ぎていったという思いがある。理事長の著書『置かれた場所で咲きなさい』は200万部を超えるベストセラーになった。その本の帯には、「人はどんな境遇でも輝ける」とある。人はそれぞれ置かれた状況は異な…続きを見る
オオイタサンショウウオの繁殖地の清掃
オオイタサンショウウオの産卵期前に、繁殖地の清掃と調査のための準備を県立都城泉ヶ丘高校生物部の生徒がおこなった。水路の周りに草が茂り、木の枝や竹が覆っていたので、それを除去し、水路にたまった泥をスコップで掘って、産卵場となる水溜まりを造成する作業をした。つくった溜まりは4m間隔で14個。オオイタサンショウウオの産卵が楽しみだ。 …続きを見る
アカハライモリを教材として利用 ⑦まとめ
発生教材として、カエルの仲間がよく用いられるが、受精率と胚の観察のしやすさでは、イモリの方が優れていると考えられる。ヒトなどの哺乳類の初期発生は体内で進み、ニワトリなどの鳥類の発生は輸卵管と卵殻中で行われるのでたやすく観察できない。それに対して、イモリなどの両生類は、受精から孵化までの過程が、透明なゼリー中で進むので、初期発生からすべての段階を観察できる。受精卵の縛り方によって双頭の幼生や別々に分…続きを見る
アカハライモリを使った発生の観察 ⑥生徒へのアンケート
 生徒の自己評価をみると、「卵割からいろいろな器官に分化する過程が理解できた」、「発生の仕組みに興味をもった」がともに86%であり、学習の動機づけにはなったようだ。一方、技術的には、「実体顕微鏡の操作が身についた」が81%、卵の結紮は、「うまく縛れた」が62%と少なかった。しかしながら、生徒の感想に「今まで映像で見てきたイモリの胚を実際に見て,映像や写真通りに卵割の形が見られて,とても面白かった」…続きを見る
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このページの先頭へ