• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

 2009年1月24日、九州はその年一番の寒波。大分県国東市での野外調査。午前10時、山際を散策していると林の中に水田跡の湿地があった。残雪の静かな林の中で、溜りの水面が波打っているのが見えた。近寄るとオオイタサンショウウオが群がって産卵をしている最中であった。これまで両生類は雨が降って、気温が上がったときに産卵する(洲脇,1978)と考えられていたので、サンショウウオの仲間が雪花舞う日中に産卵行動をするとはまったく想像していなかった。この日の気温は0℃。産卵後に水温を測ると3℃、水底の泥の中でも5℃であった。オオイタサンショウウオは、低温であっても、日中であっても、繁殖行動を抑えられず、産卵するということを、野外観察から学ぶことができた。

2021-20090124.jpg
有尾類の研究に取り組んだきっかけ
 有尾類を研究するきっかけは、清心女子高等学校に勤務してちょうど6年の1989年3月、同僚の体育の先生が自宅の畑の角にある溜りで採取した正体不明の一対の卵嚢が何であるかと生物教室に持ち込んだことがきっかけである。孵化した幼生は、カエルの幼生と異なり、外鰓を持っていた。これがカスミサンショウウオ(現在のセトウチサンショウオ)だった。
継続して飼育して、2年後初めて産卵を観察した(秋山,1992)。そのことが話題となり、地元の新聞に「カスミサンショウウオ・自然保護の生きた教材に・人工繁殖にも成功」(山陽新聞,1992年5月25日)という題で紹介され、それがきっかけになって、サンショウウオについての問い合わせが多くなり、私自身がサンショウウオについて詳しくならざるを得ない状況になり、有尾類(イモリとサンショウウオ)の仲間を継続飼育するようになった。清心女子高校の生物教室はサンショウウオやイモリの飼育ケースでいっぱいになり、"有尾類に特化した動物園"に変容していた。大学に異動した今も、地元の高校生物部の生徒と一緒にオオイタサンショウウオを飼育している。

有尾類の調査・研究で見えてきたこと
 有尾類の卵は卵嚢のゼリーに包まれて発生し、幼生期は水中生活するので、水質の影響を受けやすい。成体になっても皮膚には毛も羽毛も鱗も無く、水質や大気の影響を直接受ける。それゆえに、外部環境の変化の影響を受けやすい生物なのである。
 野外で観察していて気づいたことは、①山際や水田に設置されているコンクリートU字溝が「死のトラップ」になっていること、そして、②そのU字溝が自然の自浄作用を奪い、水底をヘドロ化し、水を腐敗させていること、③産卵場所が人里離れているので、ゴミの不法投棄の場所になりやすいとこ、④繁殖期の移動の際にロードキルが起こっていること、⑤ペットとして乱獲されていること、⑤アメリカザリガニなどの外来生物によって捕食されていることである。
20211105-20191102b.jpg
20211105-ロードキル130110.jpg 
 私自身は、有尾類の繁殖についての知見を得るために、卵からの完全飼育下での繁殖方法の確立を目指した。そして、オオイタサンショウウオでは、人工授精や水槽での配偶行動誘発による産卵に成功した(秋山,2020a)。
 また、アカハライモリでは、生態調査では、本来の繁殖期でない秋の配偶行動を観察したことをきっかけに、11月に貯精嚢中に精子が存在することと受精卵を産卵できることを確認できたことから、アカハライモリの繁殖期は、従来の定説である"春に始まって初夏に終わる"のではなく、"秋から初夏までの長期間にわたる"という繁殖戦略についての新しいい知見を得ることができた(Akiyama et al., 秋山,2020b)。
 有尾類の保護については、生息数の減少を引き起こした原因が解明され、解決がない限り、生息数の減少に歯止めがかからない。また、飼育された個体を自然に帰すこと自体の問題も考慮しなければならない。
 30年間、有尾類と向き合うことでいろいろなことを考えさせられた。毎日の餌やりで生き物と対話した生徒が、生き物への愛情を育み、小さな命の大切さを学んでくれたと信じている。

【文献】
〇秋山繁治:1992.孵化後実験室内で飼育し産卵したカスミサンショウウオ.両生爬虫類研究会誌,41:1-5.
〇秋山繁治:2020a.卵から完全飼育下でオオイタサンショウウオの繁殖に成功.九州両生爬虫類研究会誌,11:62-63.
〇秋山繁治:2020b.イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略(秋から春をまたぐ多重交配の謎を解く).生物の科学遺伝別冊 24:340-349
〇Akiyama.S, Iwao.Y., Miura.I. Evidence for True Fall-mating in Japanese Newts Cynops Pyrrhogaster.Zoological Science 28:758-763(2011)
〇山陽新聞.カスミサンショウウオ・自然保護の生きた教材に・人工繁殖にも成功.1992年5月25日朝刊.
〇洲脇清:1978.カスミサンショウウオの産卵習性.岡山県高等学校教育研究理科部会誌28:31-36.

  • 投稿者 akiyama : 14:34
『生物の科学遺伝』9月号に「最も身近な有尾類アカハライモリの生態を探る」を執筆
同僚の先生が庭で採取したバナナ状の卵嚢一対を生物教室に持ち込んだのは,1989年3月のことだった。図鑑で調べた結果この卵嚢は、カスミサンショウウオ(2019年にセトウチサンショウウオとして記載)のものであるということが判明した。孵化後、無事に成長し、2年後には約10cm 程度に成長し、生物教室の水槽の中で産卵した。この水槽の中の様子に生徒も興味を持ち始めた。そこで、様々な有尾類を飼育しながら、発生…続きを見る
イモリにとって死のU字側溝を改修
この時期、南西諸島のシリケンイモリは、繁殖のために動き出します。雨の日は特に多く見られ、アスファルト道路付近を徘徊していたものは、U字側溝に転落するものがいます。雨がやんで乾燥すると、死んでしまします。多い場所では数十匹の死体を見つけることもあります。側溝のところどころにスロープ構造をつくるなど、生き物に優しい側溝に改修してほしいと考えています。 …続きを見る
沖縄のシリケンイモリは繁殖最盛期
日本にはCynopus属のイモリが2種生息しています。本州、四国、九州でみられるのがアカハライモリ、南西諸島でみられるのがシリケンイモリです。シリケンイモリは1月から3月が繁殖最盛期なので、冬に配偶行動が観察できます。 …続きを見る

44日目にすべて孵化

2015年1月20日

44日目にすべて孵化
12月7日に産み付けられた卵がすべて孵化しました。個体によって日数がずいぶん違いました。 …続きを見る
no image
12月5日に沖縄本島で採取したシリケンイモリが、12月7日に自然産卵し、32個のうち24個が正常に発生し31日目の今日、そのうち1個が無事に孵化しました。室温は約18~20℃の部屋で保持していました。…続きを見る
no image
11月から水辺にシリケンイモリが観察できるようになります。繁殖期始まりました。産卵は1月から観察できます。 …続きを見る
no image
沖縄の離島では、道路に付設された側溝が、イモリなどの小動物にとって「死の落とし穴」になっています。工事方法を考えて欲しいと思います。今日見つけた場所では、コンクリート側溝にシリケンイモリの死体(雄10匹・雌27匹)が、ポツポツと乾いたコンクリートの底に転がっていました。また、近くにあった側溝から出された落ち葉の中にも乾燥したイモリが16匹(雄2匹・雌14匹)いました。合計で死体確認数は53匹(雄1…続きを見る
no image
2012年度、シリケンイモリの調査で座間味島を10回訪問した。シリケンイモリは雨が降ると道路に出てくる習性があるようで、雨の日は自動車に轢かれた多くの死体を目にすることになる。調査上は、多くの死体を確認できる地点は多くの個体が生息していると判断できるので役立つのだが、実際に犠牲になったイモリを見ると可哀そうな気持ちになる。そして、気になったのはコンクリート製のU字側溝で、道路を歩くイモリにとっては…続きを見る
no image
野外のシリケンイモリの雄の総排出口付近を押さえると、精子を出すので、輸精管が満たされた状態なのは確かです。 雌を待つ雄たち 雄は精子を出せます …続きを見る
no image
孵化してからまだ餌を食べていませんが、今のシリケンイモリの幼生の状況です。 幼生の全体像 シリケンイモリの幼生の頭部 …続きを見る
no image
雨の後は、イモリたちが自動車に轢かれて、屍と化しているのに遭遇する。 …続きを見る
no image
岡山県北部で、もう10年以上調査していて、地元の人から背中まで赤い色のイモリがはいたという話は聞いたことがありましたが、うそんなイモリは見つけたことはありませんでした。昨年の12月に沖縄の離島で見つけたシリケンイモリは以下のような模様でした。 コンクリートの側溝の落ち葉の下にいました。 Cynpus属のイモリです。 …続きを見る

シリケンイモリが産卵

2012年12月18日

no image
シリケンイモリが水槽で産卵を始めました。予想通りですね・・・。 オオカナダモの葉に包んで産卵 正常に発生 …続きを見る
no image
昨晩は大雨、今日は曇り、道路の側溝を歩いているイモリ、水中でうろついているイモリを見つけました。 溜りの中で活動しているシリケンイモリ …続きを見る
no image
雄の雌へのディスプレイや雌の産卵が観察できるので、今の時期もシリケンイモリの繁殖しています。 …続きを見る
no image
今年度は、シリケンイモリについての研究で科研費をいただけたので、沖縄にいくことができるようになった。ほぼ、毎月一回のペースで調査する予定にしている。今回は1回目の調査になる。野外でのシリケンイモリを初めて観察することができた。アカハライモリと異なり、陸上に産卵していたのに、驚いた・・・。 生息場所 シリケンイモリ 陸上に産卵 …続きを見る
no image
10年以上前に見つけた場所で、イモリを見つけることはできましたが激減していました。原因は人為的な環境の改変。具体的に言えば、希少な植物を保護するために、その周辺の水路をコンクリート化したことです。人間は、限られた知識で「保護する」という名目で、本当に馬鹿なことばかりしてくれま。カタクリの里の下の水路もやはりコンクリート化されて、カスミサンショウウオが生息できなくなりました。もういい加減にして欲しい…続きを見る

シリケンイモリ

2006年3月29日

no image
(シリケンイモリ Cynops ensicauda) 沖縄県産 撮影 秋山繁治 2001.5.1 シリケンイモリ(Cynops ensicauda)は、奄美諸島、沖縄諸島に分布。徳之島にはいない。全長雄20-12cm、雌12-15cm。アカハライモリと似た求愛行動を示す。婚姻色はアカハライモリより地味である。…続きを見る
1

このページの先頭へ