• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

成果及び活動 学会発表

2010年5月21日

2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius Dunni
(AKIYAMA Shigeharu)

2016年8月17日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Poster Presentation
The Impact of the the Red-eared slider, Trachemys scripta elegans, on Native Turtle Species in Japan
(AKIYAMA Shigeharu)

2016年1月10日 日本生物教育学会第100回全国大会(東京理科大学)
「授業における有尾類の活用」(秋山繁治)

2015年11月22日 日本生物教育会中四国ブロック・次期学習指導要領への提言に向けたシンポジウム
「女子生徒の理系進学支援の基盤を作る生命科学コースの開発」(秋山繁治)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Oral presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders Hynobius Dunni
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation
Development of Techniques for Cloning Amphibians by Nuclear Transplantation
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation Best Poster Award
Forest diversity and CO2 absorption
(AKIYAMA Shigeharu)

2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Poster Presentation Best Poster Award
The Impact of the the Red-eared slider, Trachemys scripta elegans, on Native Turtle Species in Japan
(AKIYAMA Shigeharu)

2014年1月12日 日本生物教育学会第96回全国大会(筑波大学)
「森林実習を組み込んだ学校設定科目"自然探究I"の実践」(秋山繁治)

2013年12月1日 第15回両生類自然史フォーラム(岐阜大学サテライトキャンパス)
「オオイタサンショウウオの飼育下の繁殖方法の確立を目指して」(秋山繁治)

2013年11月2日 日本爬虫両棲類学会 第52回大会(東海大学札幌キャンパス)
「オオイタサンショウウオの卵から育てた個体での繁殖 」(秋山繁治)

2013年1月13日 日本生物教育学会第94回全国大会(広島大学)
「SSH事業として取り組んだ女子生徒の理系進学支援プログラムの実践(第1期5年間)」(秋山繁治)

2011年8月18日 日本生物教育学会第93回全国大会(北海道教育大学)p12
「アカハライモリの生殖についての研究(アカハライモリの秋の配偶行動の謎を解明する)」(秋山繁治)

2010年10月10日 日本爬虫両棲類学会第49回大会(慶応義塾大学)
「アカハライモリの秋から春をまたぐ多重交配について (両季節の精子が受精に利用されている遺伝学的証拠)」(秋山繁治、小泉雄紀・三浦郁夫(広島大学大学院理学研究科・両生類研究施設)

2008年9月5日 日本動物学会第79回大会(福岡大学)
「オオイタサンショウウオの人工繁殖」(秋山繁治)

2007年11月17日 日本爬虫両棲類学会第46回大会(琉球大学)
「マイクロチップを使ったアカハライモリの水田付近での移動の追跡の試み」 (秋山繁治)

2007年8月2日 全国性教育研究団体連絡協議会・第37回全国性教育研究大会要項(新潟市).p66-69.
「高等学校での実践と今日的な課題("総合的な学習の時間"授業を展開して見えてきたもの)」 (秋山繁治)

2007年5月25日 日本科学教育学会中国支部研究集会(岡山理科大学)
「女子の理系進学を支援するSSHの取り組み」 (秋山繁治)

2006年10月22日 日本爬虫両棲類学会第45回大会(広島大学)
「飼育下におけるオオイタサンショウウオの繁殖」 (秋山繁治)

2004年8月8日全国性教育研究団体連絡協議会・第32回全国性教育研究大会要項(山口市).p60-61.
「学校改革のプロジェクトによって生まれた「発展科目」での性教育実践」 (秋山繁治)

2002年8月8日全国性教育研究団体連絡協議会・第32回全国性教育研究大会要項(札幌市).p60-61.
「学校改革のプロジェクトによって生まれた「発展科目」での性教育実践」 (秋山繁治)

2002年8月3日 日本生物教育会第57回全国大会(北海道大会)
「アカハライモリの貯精嚢及び生殖腺の季節変化」 (秋山繁治)

2001年11月11日 日本爬虫両棲類学会第40回大会(新潟大学)
「アカハライモリの貯精嚢中の精子の年変化」 (秋山繁治・岩尾康宏)

2001年8月8日 岡山県性教育協議会・第16回岡山県性教育研究大会要項(総社市).p25-31.
シンポジウム企画「性を考える(同性愛の視点から)」 (秋山繁治)

1999年8月5日 全国性教育研究団体連絡協議会・第29回全国性教育研究大会要項(熊本市).p40-43.
「パソコンを使った『国際情報』と発展科目『生命』の授業実践・情報収集活動を取り入れた性教育の総合的な学習」 (秋山繁治)

1999年8月27日 岡山県性教育協議会・第14回岡山県性教育研究大会要項(総社市).p33-36.
「パソコンを使った『国際情報』と発展科目『生命』の授業実践」 (秋山繁治)

1998年11月14日 日本爬虫両棲類学会第37回大会
「大分県野津町のオオイタサンショウウオの産卵調査」 (秋山繁治)

1997年6月19日 日本私学教育研究所・全国私立中学校高等学校研修会(名古屋ガーデンパレス)
「生徒とのかかわりをつくる性教育を求めて」 (秋山繁治)

1996年2月5日 日本性教育協会・実践のための性教育セミナー(中国四国ブロック)(岡山市)
「わが校の性教育当面する課題と実践」(秋山繁治)

1996年8月20日 第11回性教育研究大会要項(岡山県性教育協議会)要項p42-52
「課題文による実習」(秋山繁治)

1996年8月6日 日本生物教育会第51回全国大会(佐賀大会).p46-47.
「アカハライモリの教材化について」(秋山繁治)

1996年3月 兵庫陸水研究会・第15回例会
「アカハライモリの発生実験について」(秋山繁治)

1995年11月3日 日本爬虫両棲類学会34回大会
「飼育下でのカスミサンショウウオの繁殖」 (秋山繁治)

1995年8月8日 第10回岡山県性教育研究大会(岡山県性教育協議会)要項p5-9
「学校の性教育はどこに向かっていくのか。」 (秋山繁治)

1995年8月19日 香川県性教育協議会・第1回中国・四国・九州ブロック性教育研究会香川大会要項(善通寺市)
「高等学校の性教育の実践と課題・日常的な教育活動の延長としての実践」 (秋山繁治)

1995年8月2日 日本生物教育会第50回全国大会(千葉大会).p32-33.
「カスミサンショウウオの教材化について」 (秋山繁治)

1995年3月 兵庫陸水研究会・第14回例会(姫路市)
「岡山県のカスミサンショウウオについて」 (秋山繁治)

1993年8月4日 第23回全国性教育研究団体連絡協議会・第23回全国性教育研究大会要項(岡山市).p48-49.
「高等学校での性教育の実践とその課題・HRと教科での指導」 (秋山繁治)

1986年8月26日 日本性教育学会・第17回全国大会要項(岡山市).p39-40.
「高等学校での性教育の実践と問題点・ホームルーム担任として」 (秋山繁治)

  • 投稿者 admin : 09:40

最近の記事

論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(15)科学教育への思い
科学教育への思い  私自身は、大学卒業時に研究を志すものの、経済的な理由で大学院進学をあきらめ、高等学校の教員として就職した。40歳過ぎた頃休職して修士課程は修了したものの学位の取得は断念していた。そんな時、大学の先生から「研究できる環境がないなら、高校に研究できる環境をつくればいい」と紹介されたのがSSHだった。 SSHは、生徒の科学研究だけでなく、教師である私にも科学研究の機会を与えてくれた…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(14)グローバルな視点で理科教育を考える。
グローバルな視点で理科教育を考える  「なぜ銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。」 2014年、17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイさんの言葉である。彼女は"女性が教育を受ける権利"を訴え続けてきた。今も、女子だからという理由で学校教育を受けられない国…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(13)「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画
「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画  「女子生徒の理系進学支援」の一環として、"科学研究"の成果を研究の途中段階でも気軽に発表できる場として、"発表者が女子だけ"の「集まれ!理系女子・女子生徒による科学研究発表交流会」を2009年から開催している。最初は、近隣の福山大(広島県福山市)を会場にしていたが、年々参加者が増え、2014年度から全国から参加者が集まりやすい場所で開催するようになっ…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(12)教育プログラムの効果
教育プログラムの効果  2015年度のデータ(次の図)で、本研究の対象としている生命科学コースの方が、文理コースより教育活動を非常に高い割合で肯定的に受け入れており、学習に前向きに取り組んでいる姿勢がうかがえることがわかる。また、卒業後10年が経過しても、現在の生活に生命科学コースの教育が影響していると8割以上が答え、好奇心・理論へ興味などが向上したと8割が判断していることがわかった。保護者・教…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(11)「自然探究Ⅰ」からの課題研究
「自然探究Ⅰ」からの課題研究  入学して間もない高校1年生の森林実習は、自然体験が非常に少ない女子生徒に「山に入るとは山道をハイキングすることではなく、山道の雑草をかき分けて林床に入るような体験をさせたい」という方向で企画したプログラムである。当初は「樹木の種類を区別できるようになること」と「森林調査を"体験"すること」を目的にして出発した。4泊5日の森林調査での共同作業、そして共同生活が生徒に…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(10)テーマはどのように設定したのか。
テーマはどのように設定したのか。   「生命科学課題研究」で、生命科学コースの4つのグループが取り組んでいるテーマは図のとおりである。これらは大学の研究室のイメージで研究テーマを設定している。  「生命科学課題研究」以外の「自然探究Ⅰ」の実習や「生命」のアンケート調査などから派生したテーマも生徒が希望すれば取り組ませている。  「自然探究Ⅰ」の森林調査から、「遷移段階の異なる森林の二酸化炭素吸収…続きを見る

このページの先頭へ