• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(9)課題研究の成果を発表する場を求めて

2018年3月17日

06_curriculum_ページ_10.jpg

課題研究の成果を発表する場を求めて 
 課題研究に取り組み、生徒にとってわかりやすい成果を得ることができれば、それに伴って前向きに学ぶ姿勢や教科科目の基礎知識など、総合的な学力が伸びると考えた。まず目標を設定することが必要だと考え、「全国レベルの高校生の研究発表会で高い評価を得る」という"わかりやすい"目標を設定した。生命科学コースを開設する前は部活動で科学部はあったものの、発表会に参加した経験などはまったくなかった。高校科学技術チャレンジ(JSEC)や日本学生科学賞への応募などは考えられない状況であった。JSECなどの最終審査会に出場するという目標は、部活でいえば、今まで高校野球で地方大会1回戦すら勝てない野球部を甲子園に導こうとするようなものだった。
 まず、生徒たちに「自分たちも科学研究で成果を出せる」という気持ちを持ってもらうことと「学校に科学研究に取り組める恵まれた環境がある」と認識させることが重要で、そのためには、まず一度は研究成果で対外的な評価を得ることが大切だと考えた。最初に発表する場として、全国のSSH校が集うSSH生徒研究発表会を設定した。具体的にターゲットを絞ることで、終着点が設定されるので、それに向かって生徒に目的意識が芽生えると考えた。取り組んで3年目に「科学技術振興機構理事長賞」の受賞にまでたどりついた。ここで評価されたことが全国レベルの大会を身近なものにしてくれ、後輩たちにも科学研究に取り組む上でのいい流れをつくってくれた。
「実践英語」に英語のディベートを導入するなどの教育内容の刷新によって、国際的な学会にも前向きに参加できるようになった。2015年度はツン・フセイン・オン・マレーシア大学を会場に開催された生物多様性の学会にポスター発表(3件・ポスター賞を受賞)、口頭発表(1件)に参加、2016年度は、中国杭州市で開催された世界爬虫両棲類学会(WCH8)にポスター発表(1件)口頭発表(1件)に参加した。
 科学発表での受賞という目標を立てたことは、ぶら下げた"ニンジン"として賛否両論もあるかもしれないが、初期目標として対外的に評価されることは意味があると思う。専門家から客観的な評価を得られたということが、高校生にとって自信になり、研究に前向きに取り組む推進力になったと感じている。以下は、2006年度からの科学発表数の推移をあらわしている。

  • 投稿者 admin : 14:47

最近の記事

論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(15)科学教育への思い
科学教育への思い  私自身は、大学卒業時に研究を志すものの、経済的な理由で大学院進学をあきらめ、高等学校の教員として就職した。40歳過ぎた頃休職して修士課程は修了したものの学位の取得は断念していた。そんな時、大学の先生から「研究できる環境がないなら、高校に研究できる環境をつくればいい」と紹介されたのがSSHだった。 SSHは、生徒の科学研究だけでなく、教師である私にも科学研究の機会を与えてくれた…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(14)グローバルな視点で理科教育を考える。
グローバルな視点で理科教育を考える  「なぜ銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。」 2014年、17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイさんの言葉である。彼女は"女性が教育を受ける権利"を訴え続けてきた。今も、女子だからという理由で学校教育を受けられない国…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(13)「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画
「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画  「女子生徒の理系進学支援」の一環として、"科学研究"の成果を研究の途中段階でも気軽に発表できる場として、"発表者が女子だけ"の「集まれ!理系女子・女子生徒による科学研究発表交流会」を2009年から開催している。最初は、近隣の福山大(広島県福山市)を会場にしていたが、年々参加者が増え、2014年度から全国から参加者が集まりやすい場所で開催するようになっ…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(12)教育プログラムの効果
教育プログラムの効果  2015年度のデータ(次の図)で、本研究の対象としている生命科学コースの方が、文理コースより教育活動を非常に高い割合で肯定的に受け入れており、学習に前向きに取り組んでいる姿勢がうかがえることがわかる。また、卒業後10年が経過しても、現在の生活に生命科学コースの教育が影響していると8割以上が答え、好奇心・理論へ興味などが向上したと8割が判断していることがわかった。保護者・教…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(11)「自然探究Ⅰ」からの課題研究
「自然探究Ⅰ」からの課題研究  入学して間もない高校1年生の森林実習は、自然体験が非常に少ない女子生徒に「山に入るとは山道をハイキングすることではなく、山道の雑草をかき分けて林床に入るような体験をさせたい」という方向で企画したプログラムである。当初は「樹木の種類を区別できるようになること」と「森林調査を"体験"すること」を目的にして出発した。4泊5日の森林調査での共同作業、そして共同生活が生徒に…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(10)テーマはどのように設定したのか。
テーマはどのように設定したのか。   「生命科学課題研究」で、生命科学コースの4つのグループが取り組んでいるテーマは図のとおりである。これらは大学の研究室のイメージで研究テーマを設定している。  「生命科学課題研究」以外の「自然探究Ⅰ」の実習や「生命」のアンケート調査などから派生したテーマも生徒が希望すれば取り組ませている。  「自然探究Ⅰ」の森林調査から、「遷移段階の異なる森林の二酸化炭素吸収…続きを見る

このページの先頭へ