• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

一人の人間が、調和のとれた状態を常に保ちつつ、成長できるものであろうか。

2019年4月23日

湯川秀樹『旅人(湯川秀樹自伝)』角川文庫p150-151より引用
 一人の人間が、調和のとれた状態を常に保ちつつ、成長できるものであろうか。いつの時代でも、あとから見ると、大きなアンバランスがあったと判定され得るのではないか。
 第二次世界大戦後、日本の経済状態が険悪になり、幼児の中にさえ、世間の荒波をまともにかぶらねばならなかった者が少なくなかった。少年が、青年が、社会的関心を抱くようになったの.も当然である。
 それにくらべれば、私の少年時代などは、少なくとも私個人にとっては、平和なものだった。親のすねをかじっていれば、学校には行けた。学生のアルバイトなどというものは、存在しなかった時代である。もっとも、現代の一部のハイ・ティーンに見られるような風俗の原型は、当時もなかったわけではない。堅実な家庭の親たちは、彼らを「不良」と呼んだ。不良少年、不良青年などという言葉が、よく使われたが、余り深刻なひびきを帯びていなかった。三高の学生の中にだって、その程度の不艮はいたはずである。
 一方ではまた、自分たちの置かれている社会に対して、はげしい批判の目を向ける青年も、た一しかにいた。
 彼らは、私よりはるかに大人であった。年齢的にいって、私は三高生の中の最年少ではあったが、性格的に見ても彼らは私より、社会に対する関心が強かったにちがいない。私の知らないことを、ずいぶん知っていたはずだ。私はそれをうらやましいとも思わなかった。私が、私のエネルギーをほとんど読書と、それにつながる思考の中にだけ注ぎこんだということは、たしかに人間としての成長過程では不調和なことであった。バランスのとれていない少年だった。この傾向は今も私の中に残っているが、私はそれを人間として立派なこととは思わない。が、もしこのアンバランスが私になかったら、どういうことになっていたろうか。私が物理学の研究者としては、割合早く一人前になれた理由の一つとして、この不調和な、かたよった人間形成が大いにカがあったのではなかろうか。
 私は少年期から青年期に移るころの自分を、その年齢なりに円満な、調和のとれた人間だったと思うことは出来ない。が、私自身にとっては、それはむしろ幸運であったといえよう。

yukawa.jpg

 朝、学校にきて、傍らに置いてあった文庫本をパラパラとめくってみた。上の文章に出会った。
昔、聖書をパラパラとめくって、開いたページを読む習慣があった。偶然の中に自分自身に対する戒めやアドバイスを求めてやっていたのだと思う。今でも、このパラパラめくって、偶然遭遇したページを読んで、感慨に耽ることがある。この文章を読んで、僕が考えたことは、今の学校なら優秀な生徒を関与しないで自由にさせないということだ。教科書を離れた受験に直接関係のない組好きなことにじっく取り組むようなことはさせない。優秀な生徒には、目的(いい大学に入学する)に到達するための勉強だけを教えるのが王道になってしまっているのが現状だ。そして、多くの優秀な生徒がそれを受容して、正義感さえ持っている状況かもしれない。その価値観を学校教育の中心に据えて、すべての生徒にその入試対応への能力の優劣に基づく価値観を押し付けてきた。人間は心をもった生き物だということを忘れてしまっているのではないだろうか。
 倉敷のノートルダム清心学園清心女子高等学校に勤務していた時に、「生命科学コース」を起案して、文部科学省SSH事業の援助を受けて開設したが、開設の動機の根っこには、「科学が好きな生徒が高校生段階で教科書を超えた範囲であっても好きなことに打ち込めるな環境を整備したい」という願いがあった。けっして科学研究での成果で入試を突破することを想定したり、優秀な子だけ選抜して入試対策をするために設定したのはない。科学研究を楽しんでくれた生徒に、自ら納得できる人生を見つけて欲しいと10年以上を経た今でも考えている。
湯川秀樹は、「一人の人間が、調和のとれた状態を常に保ちつつ、成長できるものであろうか」と問う。「みんな同じ」を大切な学校で設定された教科に、バランスよく取り組めない生徒の中に、隠させた能力を持っている可能性があることを無視してはならない。

  • 投稿者 akiyama : 07:36

最近の記事

no image
「生命科学コース」の開設からの学校改革を目指した背景に、卒業生が勤めていた鷗友学園の取り組みがある。その取り組みが『中央公論』の記事に紹介されていた(卒業生が、鷗友学園の実験書などの資料ととも記事を送ってくれた)。 (駐大生公論)教育改革現場ルポ--鴎友学園はなぜ立ち上がったか 中井 浩一 p96-99引用  私学においては建学の理念こそが問われている、とはよく言われることである。しかしそれは私学…続きを見る
一人の人間が、調和のとれた状態を常に保ちつつ、成長できるものであろうか。
湯川秀樹『旅人(湯川秀樹自伝)』角川文庫p150-151より引用  一人の人間が、調和のとれた状態を常に保ちつつ、成長できるものであろうか。いつの時代でも、あとから見ると、大きなアンバランスがあったと判定され得るのではないか。  第二次世界大戦後、日本の経済状態が険悪になり、幼児の中にさえ、世間の荒波をまともにかぶらねばならなかった者が少なくなかった。少年が、青年が、社会的関心を抱くようになったの…続きを見る
no image
2006年度から環境学習の一環として立ち上げたボルネオ研修。文部科学省SSH指定校であるノートルダム清心学園で、学校設定科目「自然探究A」として実施してきました。マレーシア国サバ大学と連携したプログラムで、継続して実施してくれる学校を探していましたが、2019年度から県立岐阜高校が学校設定科目として実施してくれることになりました。僕の企画から離れていくことで新しい魅力が加味されると信じています。マ…続きを見る
no image
飛鳥新社『くじけないで』柴田トヨ から 風が耳元で 「もうそろそろ あの世に 行きましょう」 なんて 猫撫で声で 誘うのよ だから 私 すぐに返事したの 「あと少し こっちに居るわ やり残した 事があるから」 風は 困った顔をして すーっと帰って行った 『くじけないで』の初版は2011年3月。単身赴任先から正月に家に帰って、自室の本棚から久しぶりに手にとった。 ネットで調べたら、2013年1月20…続きを見る
清心女子高等学校で取り組んだ有尾類についての研究(SSH10年間の研究発表)
(以下は、有尾両生類関連の発表のみの紹介です。酵母や森林、植物の研究は含まれていません。) 2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius …続きを見る

このページの先頭へ