• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

有尾類のCynops(イモリ)属の仲間

2021年7月 5日

 日本に生息する有尾類(有尾目)は、サンショウウオ科、オオサンショウウオ科、イモリ科の3科からなる
最も有名なのはオオサンショウウオ科のオオサンショウウオで、天然記念物になっている。現存する両生類の中では世界最大で、日本固有種であるある。イモリ科2種も日本固有種である。日本での有尾類で圧倒的に多いのはサンショウウオ科の仲間で、現在44種が知られ、日本の有尾類の大半を占めている。サンショウウオ科の内訳は、キタサンショウウオ属1 種、サンショウウオ属37種、ハコネサンショウウオ属(Onychodactylus )6 種、である。国外に分布しているのはキタサンショウウオ属のキタサンショウウオだけである。
近年、有尾類では、新たな種が記載がされたり、一度は記載されながら一度は既知種とされたものが再び独立種とされたりしている。新たな種は、サンショウウオ属で多く、2014年に3種、2018年1種、2019年に12種が新たに記載されている。また、ハコネサンショウウオ属でも、2012年に1種、2013年に2種、2014年2種が記載されている。

有尾目Caudata

サンショウウオ科 HynobiidaeCope, 1860
 キタサンショウウオ属 Salamandrella Dybowski, 1870
 サンショウウオ属 Hynobius Tschudi, 1838
 ハコネサンショウウオ属 Onychodactylus Tschudi, 1838

オオサンショウウオ科 Cryptobranchidae Fitzinger, 1826
 オオサンショウウオ属 Andrias Tschudi, 1837

イモリ科 Salamandridae Goldfuss, 1820
 イボイモリ属 Echinotriton Nussbaum et Brodie, 1982
    イボイモリ Echinotriton andersoni(Boulenger, 1892)
 イモリ属 Cynops Tschudi, 1838
    アカハライモリ Cynops pyrrhogaster(Boie, 1826)
    シリケンイモリ Cynops ensicauda(Hallowell, 1861)
     アマミシリケンイモリ Cynops ensicauda ensicauda(Hallowell, 1861)
     オキナワシリケンイモリ Cynops ensicauda popei(Inger, 1947)

※日本爬虫両棲類学会 (2021) 日本産爬虫両生類標準和名リスト(2021年4月22日版)より

日本のCynops(イモリ)属の仲間
 日本に生息する有尾類は、サンショウウオ科、オオサンショウウオ科(天然記念物のオオサンショウウオのみ)、イモリ科の3科にわけることができる。イモリ科で最もよく知られているのはイモリ属のアカハライモリで、その他に同属のシリケンイモリと別属のイボイモリが南西諸島に分布している。シリケンイモリは、奄美大島に生息するシリケンイモリを基亜種として、アマミシリケンイモリとオキナワシリケンイモリの2亜種に分類されている。
アカハライモリとシリケンイモリは、両種ともに環境省レッドリスト2019で「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によって絶滅危惧に移行する要素を有する」という準絶滅危惧(NT)に、イボイモリは、「近い将来、野生での絶滅の危険性が高いものになる」という絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されている。また、イボイモリは、2016年に国内希少野生動植物種に指定され、卵も含め捕獲・譲渡などが原則禁止され、沖縄県(1978)、鹿児島県(2003)でも県の天然記念物の指定も受けている。


オキナワシリケンイモリ

2012-IMG-2726.jpg

アマミシリケンイモリ
2012-IMG-2728.jpg
アカハライモリ ♀
2012-IMG-2734.jpg
アカハライモリ ♂
2012-IMG-2742.jpg
  • 投稿者 akiyama : 09:00

最近の記事

『生物の科学遺伝』9月号に「最も身近な有尾類アカハライモリの生態を探る」を執筆
同僚の先生が庭で採取したバナナ状の卵嚢一対を生物教室に持ち込んだのは,1989年3月のことだった。図鑑で調べた結果この卵嚢は、カスミサンショウウオ(2019年にセトウチサンショウウオとして記載)のものであるということが判明した。孵化後、無事に成長し、2年後には約10cm 程度に成長し、生物教室の水槽の中で産卵した。この水槽の中の様子に生徒も興味を持ち始めた。そこで、様々な有尾類を飼育しながら、発生…続きを見る
2021年9月20日に第2回高校生両生類サミットを開催
集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会の特別企画として、昨年「高校生両生類サミット」を開催しました。 発表してくださる生徒さんには、研究テーマを両生類に絞ることによって、交流が深まり、研究レベルを高めあってくれることを期待して設定しました。そして、交流に参加してくださる方には、高校で科学研究に取り組んでいる生徒の現状を知っていただく機会になると思います。 文部科学省は、SSH事業で進め…続きを見る
有尾類のCynops(イモリ)属の仲間
 日本に生息する有尾類(有尾目)は、サンショウウオ科、オオサンショウウオ科、イモリ科の3科からなる 最も有名なのはオオサンショウウオ科のオオサンショウウオで、天然記念物になっている。現存する両生類の中では世界最大で、日本固有種であるある。イモリ科2種も日本固有種である。日本での有尾類で圧倒的に多いのはサンショウウオ科の仲間で、現在44種が知られ、日本の有尾類の大半を占めている。サンショウウオ科の内…続きを見る
雨上がりに近所を散策
昨日は少し梅雨らしい雨となりましたが、雨上がりの午後ご近所を散策しました。この時期らしい生きもの、シメクチマイマイ・ニホンスッポンに出会いました。 岡山県版RDB2020では両種とも希少種として扱われています。 ニホンスッポンは夜の道路上をゆっくり移動していましたが、車にはねられてはと思い、水路へ移動させました。 (by 山田 勝) …続きを見る

カジカガエルの産卵

2021年5月23日

カジカガエルの産卵
美しいオスの鳴き声が響き渡る渓流内での産卵確認は、癒され、しばし時を忘れます。 転石の下に卵塊が産みつけられていました。(by 山田 勝) …続きを見る
2足歩行の大型哺乳類にほとんどで会わないという世界
昨日も出発から帰宅まで2足歩行の大型哺乳類にほとんどで会わないという世界を移動してきました。山間林道で久々にジムグリに遭遇し、ついついうれしくて遊ばれてしまいました。 そのほかにも、チュウゴクブチサンショウウオ・クロサナエ・オオゾウムシなどに出会いましたが、山は穏やかですべてを忘れます。(by 山田 勝) …続きを見る

このページの先頭へ