• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(7)女子生徒に自然体験が重要

2018年3月17日

06_curriculum_ページ_08.jpg

女子生徒に自然体験が重要
 『理科離れしているのは誰か』(松村泰子編)で、「自然体験・生活体験と理科の好き嫌いの関係(中学校)」を、「トンボやちょうちょなどの虫取りをする」かどうかでみる項目がある。男子の理科好き59.3%、理科嫌い35.2%、それに対して女子の理科好き35.9%、理科嫌い27.7%で、男子で有意差があるのに対して、女子では差がなく、しかもその体験自体が少ないことがわかる。女子では外で遊ぶことが嫌いなのは理科好きだと1割強なのに、理科嫌いだと3割と差が大きいこと、理科実験では、男子が中心的な役割をすることが多く、女子に積極性が低下していく傾向が強いことが報告されている。
 自然体験の不足と直接実験に参加する機会の少なさが理科嫌いをつくっているとしたら、女子の理科好きを増やすためには、より多くの自然体験と実験・実習を盛り込んだ教育内容が必要になる。それを踏まえて取り入れた学校設定科目が「自然探究Ⅰ」「自然探究Ⅱ」「自然探究A」である。
 「自然探究Ⅰ」(4泊5日)は、岡山県北部の森林を対象にして、講義(森林生態系・生態系樹種の同定・森林の調査方法・環境問題・大学生の卒論発表)と実習(森林の区画を設定し、その区画の樹木の樹高・胸高直径・樹齢を測定し、調査データから1年間の二酸化炭素吸収量を推定)を実施している。
 「自然探究Ⅱ」(4泊5日)は、瀬底島での講義(亜熱帯の海の生態系・海辺の生物の調査方法)と実験(サンゴ・プランクトンの顕微鏡観察)、実習(プランクトン捕獲・海辺の生物調査)。沖縄科学技術大学院大学で講義(ロールモデルとして女性研究者が担当)。座間味島での講義(環境省・帰化生物について)と実習(シュノーケリングによる海の生物観察)。
 「自然探究A」(10泊11日)は、ツン・フセイン・オン・マレーシア大学での講義(生物多様性について)と自然観察(マングローブ林・熱帯森林)。マレーシア・サバ大学での講義(マレーシアの熱帯生態系・哺乳類・昆虫・植物・ネイチャーツーリズムについて)と自然観察(キナバル公園・キャノピーウォーク・ラフレシア・マヌカン島・サピ島)。
 また、日々の学校生活で、生物実験の研究材料であるサンショウウオの飼育を生命科学コース1年生が日々の清掃活動と同じように当番を決めて担当している。動物飼育では、手を抜いたことがすぐに動物の生死につながる。何も考えないで、機械的に餌を与えているだけでは動物の健康は保てない。生命をあずかるためには、日々の観察が必要であり、観察の大切さを身に染みて学ぶことができる。

  • 投稿者 admin : 14:20

最近の記事

論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(15)科学教育への思い
科学教育への思い  私自身は、大学卒業時に研究を志すものの、経済的な理由で大学院進学をあきらめ、高等学校の教員として就職した。40歳過ぎた頃休職して修士課程は修了したものの学位の取得は断念していた。そんな時、大学の先生から「研究できる環境がないなら、高校に研究できる環境をつくればいい」と紹介されたのがSSHだった。 SSHは、生徒の科学研究だけでなく、教師である私にも科学研究の機会を与えてくれた…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(14)グローバルな視点で理科教育を考える。
グローバルな視点で理科教育を考える  「なぜ銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることはとても難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることはとても難しいのでしょうか。」 2014年、17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタンのマララ・ユスフザイさんの言葉である。彼女は"女性が教育を受ける権利"を訴え続けてきた。今も、女子だからという理由で学校教育を受けられない国…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(13)「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画
「発表者が女子だけ」の課題研究発表会を企画  「女子生徒の理系進学支援」の一環として、"科学研究"の成果を研究の途中段階でも気軽に発表できる場として、"発表者が女子だけ"の「集まれ!理系女子・女子生徒による科学研究発表交流会」を2009年から開催している。最初は、近隣の福山大(広島県福山市)を会場にしていたが、年々参加者が増え、2014年度から全国から参加者が集まりやすい場所で開催するようになっ…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(12)教育プログラムの効果
教育プログラムの効果  2015年度のデータ(次の図)で、本研究の対象としている生命科学コースの方が、文理コースより教育活動を非常に高い割合で肯定的に受け入れており、学習に前向きに取り組んでいる姿勢がうかがえることがわかる。また、卒業後10年が経過しても、現在の生活に生命科学コースの教育が影響していると8割以上が答え、好奇心・理論へ興味などが向上したと8割が判断していることがわかった。保護者・教…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(11)「自然探究Ⅰ」からの課題研究
「自然探究Ⅰ」からの課題研究  入学して間もない高校1年生の森林実習は、自然体験が非常に少ない女子生徒に「山に入るとは山道をハイキングすることではなく、山道の雑草をかき分けて林床に入るような体験をさせたい」という方向で企画したプログラムである。当初は「樹木の種類を区別できるようになること」と「森林調査を"体験"すること」を目的にして出発した。4泊5日の森林調査での共同作業、そして共同生活が生徒に…続きを見る
論文「科学課題研究」を中心に据えた女子の理系進学支援教育プログラムの開発(10)テーマはどのように設定したのか。
テーマはどのように設定したのか。   「生命科学課題研究」で、生命科学コースの4つのグループが取り組んでいるテーマは図のとおりである。これらは大学の研究室のイメージで研究テーマを設定している。  「生命科学課題研究」以外の「自然探究Ⅰ」の実習や「生命」のアンケート調査などから派生したテーマも生徒が希望すれば取り組ませている。  「自然探究Ⅰ」の森林調査から、「遷移段階の異なる森林の二酸化炭素吸収…続きを見る

このページの先頭へ