• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会(第4回九州大会)

2020年8月 9日

2020-IMG-1787.jpg

【交流会のスケジュール】ZOOMによるオンラインで開催します。

9:00~9:50 ZOOMへの接続の確認
10:00~10:20 発表①岐阜県立岐阜高等学校生物部
「守れ!ふるさとのヤマトサンショウウオ・13年間の活動記録」
10:20~10:30 ディスカッション
10:30~11:00 講義①南九州大学教授教養教育センター・秋山繁治
「イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略(秋から春をまたぐ多重交配の謎を解く)」
11:00~11:20 発表②ノートルダム清心学園清心女子高等学校生命科学コ―ス
「オオイタサンショウウオの明暗周期における活動リズムについて」
11:20~11:30 ディカッション
11:30~12:00 講義②川崎医科大学自然科学教室准教授・西松伸一郎
「吉井川のオオサンショウウオについて」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12:00~12:30 休憩(ビデオ上映・宮崎県立都城西高等学校)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12:30~13:50 発表③岐阜県立大垣北高等学校自然科学部
「岐阜県大垣市に生息するマホロバサンショウウオの生活史について」
13:50~13:00 ディスカッション
13:00~13:30 講義③岡山大学異分野融先端研究コア研究教授・佐藤伸
「両生類の器官再生」
13:30~13:50 発表④岐阜県立岐阜高等学校生物部
「ヤマトサンショウウオの性フェロモンと受容体について」
13:50~14:00 ディカッション
14:00~14:30 講義④広島大学原爆放射線医科学研究所教授・渡邉朋信
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
14:30~14:50 発表⑥栃木県立佐野高等学校生物部
「トウキョウサンショウウオの保全活動と遺伝的多様性」
14:50~15:00 ディスカッション
15:00~15:30 講義⑤宇都宮大学教授農学部教授・飯郷雅之
「『Iさん』の履歴書と高大連携による研究活動推進の実例」
15:30~15:50 発表⑥宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校生物部
「オオイタサンショウウオの繁殖と保護を目指して」
15:50~16:00 ディカッション
16:00~16:30 講義⑤日本両棲類研究所所長・篠崎尚史
「日本両棲類研究所の活動について(自然保護と再生医療)」

主催:ノートルダム清心学園 清心中学校清心女子高等学校(文部科学省SSH指定校)
協力校:宮崎県立都城西高等学校
後援:宮崎県、宮崎県教育委員会、都城市教育委員会、宮崎県高等学校文化連盟自然科学専門部、都北の科学教育を考える会、南九州大学
実施日:2020年9月19日(土)10:00~16:30
申し込み締切日:9月11日(金)
視聴参観募集対象:中学生・高校生(男子生徒も含む)及び教員、教育関係者や一般の方々
参加費:無料
申込方法:E-mail(担当:橋岡hashioka@nd-seishin.ac.jp) でお知らせ下さい。*オンライン発表は、zoomミーティングを利用し、LIVEで発表および質疑応答を行います。
当日の詳細は参加申し込みされた方にメールで送らせていただきます。

  • 投稿者 akiyama : 19:05

最近の記事

オープン・ラボを起点とした理科課題研究を推進する教育ネットワーク
 理科教育(秋山繁治)研究室では、「オープン・ラボを起点とした理科課題研究を推進する科学教育ネットワークの構築」を研究課題にして取り組んでいる。以下は、目的について解説する。  文部科学省SSH事業における「学習によって育成された能力を統合し,課題の発見・解決に取り組む」科学課題研究の有効性を踏まえ,現学習指導要領の高等学校「理科」では「理科課題研究」が設定された.しかし,多くの学校では「理科課…続きを見る
イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略
アカハライモリは、これまで春から初夏に掛けての2-3ヶ月が繁殖期であると考えられてきた。ところが、秋にも、野外でたびたびイモリの交配行動を観察し、雄の婚姻食もが現れることも確認した。これまでの記録をみると、1931年には筒井が、1961年には岩澤が同様にイモリの交配行動を秋に観察しており、岩澤と石井(1990)は精巣の重量が9月~10月に最大になること、アンドロゲンの分泌が春と秋の2度、ピークに達…続きを見る

ユビナガコウモリ三昧

2020年10月20日

ユビナガコウモリ三昧
午後、気になっていました備前市の暗渠に出向いてみました。ユビナガコウモリと吸着するケブカクモバエも確認でき、まさにユビナガコウモリ三昧でした。これから気温が下がるにつれ、このような光景は見られなくなり冬眠地に移動します。うれしい出会いでした。(by 山田勝) …続きを見る
岡山県北から自然の便り
10月14日、自然保護センターでのご案内が終了後、その足で県北へ走りました。入水前のナガレタゴガエル2個体・コテングコウモリ3個体を確認後、少しばかりのハタケシメジをいただき自身へのご褒美にしました。 秋は深まっているようです。(by 山田勝) この季節。ご一緒して、枯葉にくるまっているコテングコウモリを探したこと。ハタケシメジの群生を見つけて、持ち帰ったことを思い出します。年が明けて、雪解け水が…続きを見る
2006年度のSSH事業出発の原点「清心中学校・清心女子高等学校の展望」
2006年度に文部科学省スーパーサイエンス(SSH)事業に採択され、10年間主任として、企画運営をしてきました。その前の段階に、以下の「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」を考えるためのプロジェクトがあり、リーダーとして運営し、最後に報告書を作成しました。しかしながら、校長交代で、報告書は生かされず眠ったままになっていました。 2005年4月に校長が交代し、機をみて「文科省に改革案を示して…続きを見る
全国理系女子高生ウェブ交流 泉ヶ丘 両生類研究を発表
9月26日の宮崎日日新聞で、大学のオープン・ラボで研究している都城泉ヶ丘高校の科学研究発表交流会での発表が紹介されました。 全国の理系女子高生が研さんの成果を報告する「女子生徒による科学研究発表ウェブ交流会」(ノートルダム清心学園清心中学清心女子高主催)は19日、オンラインで開催された。本県からは都城市・都城泉ヶ丘高生物部の部員が参加。国と県のレッドデータで絶滅危惧種に指定されているオオイタサン…続きを見る

このページの先頭へ