• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

清心女子高校で取り組んだ有尾類についての研究成果(SSH10年間)

2020年8月30日

img045s.jpg

img047s.jpg

(以下は、有尾両生類関連の発表のみの紹介です。酵母や森林、植物の研究は含まれていません。)

2016年8月21日 The 8th WORLD CONGRESS OF HERPETOLOGY(WCH8)Oral Presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders,Hynobius Dunni
2016年3月12日 日本動物学会第68回関東支部大会・高校生ベストポスター(最優秀)賞
「オオイタサンショウウオの飼育下の繁殖行動の観察」
2015年11月17日 International Conference on BIODIVERSITY 2015 Oral Presentation
Development of Techniques for Captive Breeding of Endangered Salamanders
2015年9月19日 日本動物学会第86回新潟大会高校生によるポスター発表・優秀賞
「イモリのクローン作成を目指して」
2014年11月27日 第37回日本分子生物学会年会高校生研究発表
「アカハライモリのクローン作成」
2014年11月15日 第23回高校生によるバイオ研究発表会バイオ甲子園2014本審査会・最優秀賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年11月9日 第53回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会・優秀発表賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年9月21日 平成26年度日本水産学会秋季大会高校生ポスター発表・最優秀賞
「サンショウウオの飼育下の飼育方法の確立を目指して」
2014年9月13日 日本動物学会第85回 仙台大会高校生によるポスター発表・最優秀賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年5月10日 中四国地区生物系三学会合同大会(岡山大会)・動物分野優秀プレゼンテーション賞
「受精卵から飼育したオオイタサンショウウオで、室内での産卵行動の観察に成功」
2014年5月10日 中四国地区生物系三学会合同大会(岡山大会)・動物分野最優秀プレゼンテーション賞
「アカハライモリのクローン作成」
2014年3月15日 日本生態学会第61回全国大会(広島大学)ポスター発表・特別奨励賞
「実験室内で卵から育ててられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2013年12月7日 第11回高校生科学技術チャレンジjsec2013最終審査・インテル奨励賞
「アカハライモリのクローン作成」
2013年11月16日 第22回高校生によるバイオ研究発表会・バイオ甲子園・優秀賞
「サンショウウオの飼育下の繁殖方法の確立を目指して」
2013年11月10日 サイエンスアゴラ「児童生徒の先進科学研究発表会2013」(東京都立産業技術研究センター)・優秀賞
「アカハライモリのクローン作成」
2013年10月26日 集まれ理系女子第5回女子生徒による科学研究発表交流会
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2013年10月26日 集まれ理系女子第5回女子生徒による科学研究発表交流会
「アカハライモリのクローン作成」
2013年9月28日 日本動物学会第84回岡山大会高校生ポスター発表・奨励賞
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2013年9月8日 第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会中高生ポスターセッション・優秀賞
「サンショウウオの飼育下の繁殖法の確立を目指して」
2013年5月11日 中四国地区生物系合同大会(徳島大会)高校生ポスター発表・動物分野優秀賞
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2013年5月11日 中四国地区生物系合同大会(徳島大会)高校生ポスター発表・動物分野優秀賞
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2012年12月15日 第10回高校生科学技術チャレンジjsec2012最終審査(日本科学未来館)・審査委員奨励賞
「オオイタサンショウウオの飼育下での繁殖方法の確立を目指して」
2012年11月11日 未来の科学者養成講座・次世代科学者養成プログラムの受講生研究発表会(東京都立産業技術研究センター)・優秀賞
「オオイタサンショウウオの飼育下での繁殖方法の確立を目指して」
2012年10月29日 集まれ理系女子第4回女子生徒による科学研究発表交流会
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年9月22日 第104回日本食品衛生学会中学生高校生理科研究発表会(就実大学)
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年9月15日 日本動物学会第83回大阪大会高校生ポスター発表(大阪大学)
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年9月15日 日本動物学会第83回大阪大会高校生ポスター発表(大阪大学)
「実験室内で卵から育てられたオオイタサンショウウオで配偶行動を誘発する」
2012年8月22日 日本進化学会第14大会高校生ポスター発表「第7回みんなのジュニア進化学」(首都大学東京)
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年5月12日 生物系三学会中国四国地区島根大会(島根大学)・動物分野優秀賞
「オオイタサンショウウオの人工授精と発生段階」
2012年5月12日 生物系三学会中四国支部島根大会(島根大学)
「オオイタサンショウウオの実験室内での産卵行動」
2012年3月20日 日本生態学会第59回大会「みんなのジュニア生態学」・優良賞
「オオイタサンショウウオの実験室内での産卵行動」
2011年10月29日 集まれ理系女子第3回女子生徒による科学研究発表交流会
「オオイタサンショウウオ(卵から飼育個体)の実験室での産卵行動」
2011年8月2日 韓国スタディ・ツアー高校生ポスター発表(韓国・慶南科学高校)
「Behavior of red eared sliders living in semiurbanized paddy field areas」
2010年3月30日 日本薬学会第130年会・高校生による研究発表会(岡山大学)
「実験室内でのオオイタサンショウウオの繁殖方法の確立を目指して」
2009年10月31日 集まれ理系女子第1回女子生徒による科学研究発表交流会
「オオイタサンショウウオの幼生飼育において生存率に影響を与える要因を探る」
2009年9月19日 日本動物学会第80回静岡大会中学高校ポスター発表・優秀賞
「オオイタサンショウウオの幼生飼育において生存率に影響を与える要因を探る」
2009年5月16日 生物系三学会中四国支部高知大会高校生ポスター発表・優秀賞
「オオイタサンショウウオの幼生期の生存率に影響を与える原因は何か」
2008年8月7・8日 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(パシフィコ横浜)科学技術振興機構理事長賞
「サンショウウオの人工繁殖」
2008年6月17日 生物系三学会中四国支部大会(広島大学)ポスター発表
「オオイタサンショウウオの幼生の飼育について」
2007年9月26日 第59回日本生物工学会大会(広島大学)ポスター発表
「オオイタサンショウウオの人工繁殖と幼生の飼育」
2007年8月2,3日 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(パシフィコ横浜)
「小型サンショウウオの成長と繁殖に関する研究」

  • 投稿者 akiyama : 09:18

最近の記事

オープン・ラボを起点とした理科課題研究を推進する教育ネットワーク
 理科教育(秋山繁治)研究室では、「オープン・ラボを起点とした理科課題研究を推進する科学教育ネットワークの構築」を研究課題にして取り組んでいる。以下は、目的について解説する。  文部科学省SSH事業における「学習によって育成された能力を統合し,課題の発見・解決に取り組む」科学課題研究の有効性を踏まえ,現学習指導要領の高等学校「理科」では「理科課題研究」が設定された.しかし,多くの学校では「理科課…続きを見る
イモリ属の北限に生きるアカハライモリの繁殖戦略
アカハライモリは、これまで春から初夏に掛けての2-3ヶ月が繁殖期であると考えられてきた。ところが、秋にも、野外でたびたびイモリの交配行動を観察し、雄の婚姻食もが現れることも確認した。これまでの記録をみると、1931年には筒井が、1961年には岩澤が同様にイモリの交配行動を秋に観察しており、岩澤と石井(1990)は精巣の重量が9月~10月に最大になること、アンドロゲンの分泌が春と秋の2度、ピークに達…続きを見る

ユビナガコウモリ三昧

2020年10月20日

ユビナガコウモリ三昧
午後、気になっていました備前市の暗渠に出向いてみました。ユビナガコウモリと吸着するケブカクモバエも確認でき、まさにユビナガコウモリ三昧でした。これから気温が下がるにつれ、このような光景は見られなくなり冬眠地に移動します。うれしい出会いでした。(by 山田勝) …続きを見る
岡山県北から自然の便り
10月14日、自然保護センターでのご案内が終了後、その足で県北へ走りました。入水前のナガレタゴガエル2個体・コテングコウモリ3個体を確認後、少しばかりのハタケシメジをいただき自身へのご褒美にしました。 秋は深まっているようです。(by 山田勝) この季節。ご一緒して、枯葉にくるまっているコテングコウモリを探したこと。ハタケシメジの群生を見つけて、持ち帰ったことを思い出します。年が明けて、雪解け水が…続きを見る
2006年度のSSH事業出発の原点「清心中学校・清心女子高等学校の展望」
2006年度に文部科学省スーパーサイエンス(SSH)事業に採択され、10年間主任として、企画運営をしてきました。その前の段階に、以下の「西暦2000年に清心学園は何を提供できるか」を考えるためのプロジェクトがあり、リーダーとして運営し、最後に報告書を作成しました。しかしながら、校長交代で、報告書は生かされず眠ったままになっていました。 2005年4月に校長が交代し、機をみて「文科省に改革案を示して…続きを見る
全国理系女子高生ウェブ交流 泉ヶ丘 両生類研究を発表
9月26日の宮崎日日新聞で、大学のオープン・ラボで研究している都城泉ヶ丘高校の科学研究発表交流会での発表が紹介されました。 全国の理系女子高生が研さんの成果を報告する「女子生徒による科学研究発表ウェブ交流会」(ノートルダム清心学園清心中学清心女子高主催)は19日、オンラインで開催された。本県からは都城市・都城泉ヶ丘高生物部の部員が参加。国と県のレッドデータで絶滅危惧種に指定されているオオイタサン…続きを見る

このページの先頭へ