• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

褒めたり叱ったりすること

2021年10月15日

IMG_2902.jpg

NHK「100分de名著」ブックス アドラー人生の意味の心理学~変われない?変わりたくない?(P105~108より抜粋)

①人間は親も子どもも、上司も部下も、性別にも関わりなく、すべての人間が対等の横の関係にある。
 人間の価値に上下はなく、誰もが同じ権利を持っているので、誰かが誰かを手段として扱うこともできません。
②人は誰にも何にも支配されない。
 どんなふうに育ったか、過去にどんな経験をしたか、また、感情にも支配されないということです。自分が何ものにも支配されないのであれば、自分も誰をも支配することはできないということです。

 この二つの考え方こそが、言葉の本当の意味での"民主主義"であり、「自分自身の幸福と人類の幸福のためにもっとも貢献する」と私は考えています。アドラーは、自分が医師になったのは、この世界を変革したかったからであるといっています。どのような世界になることを目指していたかは今や見えてきたのではないかと思います。
人間はすべて対等であるということを理解することは難しいことではありません。しかし、今も多くの人は、子どもや若い人、部下を当然のように褒めたり叱ったりしていますが、そのことは、人を支配し、操作することに他なりませんし、そうする時に築かれる対人関係は対等の横の関係であるとはいえません。
 「しつけでは叱ることも必要だ」と思っている人がいる限り、この世から虐待や体罰はなくなりません。同様に、人間が対等であることを対人関係においてどうすることなのかを理解しないで、政治的なスローガンとしての民主主義を掲げているだけでは、この世から戦争がなくなることはないでしょう。対等の関係であれば、何か問題が起こっても、力を使うのではなく、言葉を使って解決することができるはずです。
 アドラーのいう「共同体感覚」は理想であり、すべての人が他者を仲間と見なして、互いに協力しあう世界が、そう簡単に出現するとは思えません。しかし、実現していないから理想なのであって、理想だけがこの現実を変える力を持っているのです。現実はこうなのだと現実を追認するだけでは世界は変わりません。今後、アドラーの思想に触れて、対等であるとは何なのかと考える人が増えていけば、世界はいい方向に向かっていくはずだと私は考えています。そのためには、自分は日々の生活の中で何ができるかを考えていかなければなりません。
---------------------------------------------------------------------------------------------
 教育現場で、教える側と学ぶ側でがあり、生徒や学生に学ぶ側としての謙虚さ、従順さは必要ですが、教師の側にも生徒と人間とし対等な存在として対応するという意識が必要だと思います。教える側は、学ぶ側の成長をサポートする立場にあり、教員なら教えるのは仕事です。教え導くことが当然の責務であることを忘れてはなりません。
 教える側も、職場での地位や既得権を背景に、同僚に命令し、支配することは決してやっていいことではありません。教える側の仲間として「共同体感覚」を教習して、協力し合える仲間としての関係を築けるように努力すべきです。考えが違うという理由でその人を排除するするなら、多様性を認めあうことを指向している今の社会を否定することになります。

  • 投稿者 akiyama : 17:16

最近の記事

「色即絶空」と「空の空、一切は空である」
以下は、「摩訶般若波羅密多心経」からの引用。 舎利子(しゃりし) 色不異空 空不異色(しきふいくう くうふいしき) 色即絶空 空即絶色(くうそくぜくう くうそくぜしき) 空想行識 亦復如是(じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ) 以下は、「コレへトの言葉」からの引用。 空の空 空の空、一切は空である。 太陽の下、なされるあらゆる労苦は 人に何の益をもたらすのか。 一代が過ぎ、また一代が興る。 地はと…続きを見る
『寺子屋通信 よだきん坊のハチャメチャ塾』内田博 著
 はじめまして。内田博です。  人前でしゃべるのが大の苦手で、それでこのようなプリントを書くことになるわけです。生徒の前でしゃべる仕事をしているくせに、それはないだろうと、よく他の人に言われますが、事実だから仕方ありません。9年前に宮崎日大高校に勤めるようになった時、最初の授業で教壇に立つのが怖くて教室にはいることができるず、職員室にもどったこともありました。それに大学では詩吟部に入部したんです…続きを見る
雪花が散る林でオオイタサンショウウオの産卵を観察
 2009年1月24日、九州はその年一番の寒波。大分県国東市での野外調査。午前10時、山際を散策していると林の中に水田跡の湿地があった。残雪の静かな林の中で、溜りの水面が波打っているのが見えた。近寄るとオオイタサンショウウオが群がって産卵をしている最中であった。これまで両生類は雨が降って、気温が上がったときに産卵する(洲脇,1978)と考えられていたので、サンショウウオの仲間が雪花舞う日中に産卵行…続きを見る
約20年前(1999年)の学校教育改革についての私の願い
 約20年前、1999年5月31日発行の紀要(清心中学校・清心女子高等学校)に、これからの学校教育への自分の思いを綴った。  時代背景は、1998年(平成10年)の教育課程審議会の答申において「特色ある教育の展開」と「生きる力の育成」が打ち出され、この答申に基づいて学習指導要領が改訂された。この学習指導要領は、特に、自ら学び、自ら考える力などの生きる力の育成を基本的なねらいとして実施された。20…続きを見る
清心中学校・清心女子高等学校 創立記念日のイベント
かつての創立記念日はミサを中心にしていたが、今では生徒が楽しめるイベントということで、巨大なテナントを作成して生徒全員で展示を祝うイベントを開いていた。 今回は、借りていた実体顕微鏡やマイクロインジェクターなどの研究機器を返却と研究紀要の編集の相談のために清心女子高等学校を訪問したが、偶然イベントに参加できた。 化学の先生がドローンで撮影されていたので、画像が公開されることを期待している。 …続きを見る
核染色のためのFeulgen反応
アカハライモリの精巣のシッフ染色画像 DNAを含むデオキシリボースを塩酸で処理して生じるアルデヒド基をシッフ試薬で発色させる方法で核酸を染色する。 【必要な試薬】 ① 5NのHCl:市販の濃塩酸を水で2.4倍にする。 ② シッフ試薬:0.5g塩基性フクシンを100mℓの水に溶き、沸騰するまで熱する。室温まで冷却させてから1NのHClを10mℓ加え、さらに異性重硫酸カリウム(K2S2O5)を1g加…続きを見る

このページの先頭へ