• ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室
  • ぼうぼうどりの生物教室

最終講義 理科教育研究室教授 秋山繁治

2022年1月27日

君たちはどう生きるか.jpg

南九州大学教授としての最終講義を1月29日(土)の9時から18時までZOOMで行います。
朝9時から夕方6時まで、8時間近い長時間の最終講義になります。
最終講義といいながら、主役は学生です。中等教科教育法・理科の受講生11名全員が20分のプレゼンをし、質疑応答で講義を進めていく内容です。

冬休み前に、学生に『君たちはどう生きるか』(1937年に刊行された吉野源三郎の著作)を渡して、それを参考に、私が担当している理科教育法の講義で学んだことを加味して、「私たちはどう生きるか」の演題でプレゼンをするという課題を出しました。
ゲストに、川崎医科大学教授・西松伸一郎先生、広島大学教授・渡邉朋信教授、日本両棲類研究所所長・篠崎尚史先生、元高校理科スーパーティーチャー・黒木和樹先生をお招きして、先生方には「君たちはどう生きるか」の演題でプレゼンをお願いしています。学生が、大学卒業後、自身は「どう生きるか」を考えてもらう機会にしてもらいたいという願いを秘めて設定しました。

1月29日(土)に午前9時から午後6時の時間帯でzoomに接続できます。グローバル教育で、開かれた教育の一環で実施しています。メッセージ(facebookで秋山繁治を検索して)をいただければ、ZOOMで接続できる情報を送らせていただきます。
私は運営に徹しさせていただきます。学生を主役にした講義が成功するかどうか。宮崎の田舎の大学から、新たな講義スタイルが展開できれば嬉しいです。コロナの影響で急にZOOMによる授業に変更されましたが、そのことによって、逆に大学の先生方に参加していただく講義の構想が頭に浮かんできました。
これが私らしい最後の講義になると信じています。よろしければ、ちょっと覗いてみてくだしませんか。予定は以下の通りになっています。

1時限開始時刻 9:00   学生① ・ 学生② ・ 学生③
2時限開始時刻 10:40 黒木和樹 ・ 学生④ ・ 学生⑤
              (昼休憩)
3時限開始時刻 13:10 西松伸一郎 ・ 学生⑥ ・ 学生⑦ 
4時限開始時刻 14:50 渡邉朋信 ・ 学生⑧ ・ 学生⑨ 
5時限開始時刻 16:30  学生⑩ ・ 学生⑪ ・ 篠崎尚史  

  • 投稿者 akiyama : 19:50

最近の記事

「學而不厭(がくじふえん)」とは?
さくらサイエンスプログラム・高校生がマレーシアの大学生と交流 「学而不厭」は論語の一節で四字熟語として取り上げられ、訓読みすると、"学びて厭(いと)わず"になります。学んで厭(いや)になることがないと言う意味です。 琉球大学の図書館の入口には「学而不厭」と記された石碑があるそうです。  元は、「子曰、黙而識之、学而不厭(がくじふえん)、誨人不倦(かいじんふけん)。何有於我哉」からの引用です。意味は…続きを見る
最終講義 理科教育研究室教授 秋山繁治
南九州大学教授としての最終講義を1月29日(土)の9時から18時までZOOMで行います。 朝9時から夕方6時まで、8時間近い長時間の最終講義になります。 最終講義といいながら、主役は学生です。中等教科教育法・理科の受講生11名全員が20分のプレゼンをし、質疑応答で講義を進めていく内容です。 冬休み前に、学生に『君たちはどう生きるか』(1937年に刊行された吉野源三郎の著作)を渡して、それを参考に…続きを見る
「教学相長(きょうがくあいちょうず)」とは?
「教学相長」は中国の古書「礼記」に由来する故事成語で、その意味は以下のように解説されている。 ・人に教えることは、相手だけでなく自分にとっても学ぶことであり、知恵を発展させる ・人に教えることと師から学ぶこととは相補い合うもので、両方を経験してはじめて学業も向上する。 ・学問をしてみて、始めて自分の知識の不足を知り、教えてみて、始めて教育の難しさが分かる。不足を知って自分の能力を反省し、難しさが…続きを見る
津田良夫先生が制作したイボイモリ
【津田良夫先生からのメッセージ】 「イボイモリ」の試作品を送ります。同封したのは一か月程前に折ったものです。体側にイボを折ってみました。うまく折ればイボは三角錐になるのですが、ちょっとつぶれています。肋骨や背骨が折れるともっと雰囲気がでると思うのですが、もう少し改良してみるつもりです。  一枚の紙で折る創作折り紙、津田先生のテクニックは凄いです。新作を楽しみにしています。アカハライモリも折ってく…続きを見る
岡山市で冬眠中のナゴヤダルマガエルを確認
冬眠中のナゴヤダルマにとってははなはだ迷惑な作業でしたが、まとまった個体数が狙った場所を確認しました。 今日の生息地は20年以上何らの改変が無いことにうれしく安堵しました。 しかしながら、私たち人間の都合による開発によりいつどうなるか何らの保証の無い極めて不安定な環境にいることも事実で、一方でどかしさを感じていまるのも事実です。私の所有する田んぼでしたら、いつまでも今の環境が担保できますが、他人の…続きを見る
赤磐市でセトウチサンショウウオの産卵を確認
午前中、赤磐市の産地へ出向きましたところ、セトウチサンショウウオの産卵を確認いたしました。 1月4日に産卵したとの情報を得て現地へ入りました。これからの少し暖かい降雨が気になりますね。 By山田勝 …続きを見る

このページの先頭へ